日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

クリスマスにはクリスマスらしい花を!飾りたい花3選

クリスマス時期には、お家のインテリアも凝ってみたいですね。
玄関やリビングにクリスマスらしい生花を飾ると、一層クリスマス気分が盛り上がります。
普段生け花やガーデニングをしない方も、生花にチャレンジしてみませんか。

クリスマスの名を冠する花クリスマスローズ

クリスマスローズは、真冬にバラのような華やかさで咲き誇る事から、この名がついたと言われています。
実はバラ科の植物ではなく、キンポウゲ科に属します。
少しうつむいて咲く姿が愛らしく、園芸家にも人気。
キリスト生誕の際に天使によってもたらされたという逸話があり、まさにクリスマスにおすすめの花です。

クリスマス度100!クリスマスにはコレ

クリスマス度が高い花と言えば、ポインセチアが代表格でしょう。
赤い花と緑の葉は、まさにクリスマスカラー。
クリスマスの小物によくあしらわれていますが、さすがに生花は別格です。
花はもっともよく知られている赤の他に、白やピンクもあり、苞がカールしたものも。
クリスマスのイメージが強いですが、実は寒さに弱いので、温かい場所に置いてくださいね。

クリスマスモチーフの筆頭、柊でクリスマス

クリスマスケーキを買ったら必ずと言っていいほど飾られているのが、柊(ヒイラギ)のモチーフ。
ちょっとややこしいのですが、クリスマスに使われるのはモチノキ科に属するセイヨウヒイラギで、ヒイラギはモクセイ科に属する別種です。
見た目がかなり違うので、注文の際はご注意を。
赤い実はキリスト磔刑の際の血を、トゲトゲの葉はいばらの冠を表しているとされ、クリスマスに縁の深い植物です。

プチ贅沢なクリスマス、生花のクリスマス

クリスマスには様々なクリスマス装飾を楽しむ人が増えていますが、生花を飾る人はそれほど多くなさそうです。
手入れが悪いと枯れてしまう生花だからこそ、ちょっと贅沢な気分に。
今年のクリスマスは、特別に生花を楽しんでみませんか。
きっと心豊かなクリスマスになるでしょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます