日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

7月5日にクリスマスがやってきた!

「7月5日にクリスマスがやってきた」皆さんどういう意味だか分かりますでしょうか? これはプログレス補給船のことなのです。補給物資を載せ、ISSに到着した時の日付が7月5日なのです。

7月5日のクリスマス

国際宇宙ステーションへの補給物資を載せた「プログレスM-28M」補給線が7月5日、国際宇宙ステーションに到着しました。国際宇宙ステーションへの物資補給は今年の4月以来、約3ヶ月ぶりとなりました。この間に2機の補給線が打ち上げに失敗するなど、国際宇宙ステーションに滞在中の宇宙飛行士はかなりのストレスと不安を溜めていました。

宇宙にクリスマスがやってくる

そして遂に、国際宇宙ステーションにクリスマスがやってくるその時が来ました。「プログレスM-28M」は、協定世界時間2015年7月5日7時11分(日本時間2015年7月5日16時11分)、国際宇宙ステーションのピールス・モジュールにドッキングしました。待ちにまった補給物資の到着に、宇宙飛行士からは「7月にクリスマスがやってきたみたいだ!」という喜びの声が漏れていました。

7月5日のサンタクロース

「プログレスM-28M」には、水や食料、酸素や燃料、実験機器や材料、機器の予備品など、2381Kgの補給物資が搭載されていました。これらの物資は国際宇宙ステーションに滞在している宇宙飛行士が取り出し、それと入れ替わりに国際宇宙ステーションで発生した不溶物、主にゴミなどが積み込まれます。

7月5日のクリスマスが終わり

「プログレスM-28M」は、最終的に地球の大気圏に再突入して燃え尽きて運用が終了となります。その時にゴミも一緒に処分されることになります。7月5日のサンタクロースの次は、ゴミ収集車になるとは、見習いたいくらいの働き者ですね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます