日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフの手首の角度は「コック」 上手に握ってスコアを伸ばそう

ゴルフを始めたけれどもなかなかうまくいかない・・・という方は一度クラブの握り方を見直してみるのはいかがでしょう。手首のコックを意識することで、正しい角度で握ることができます。その方法を解説していきます。

まず、手首のコックとは何のこと?

ゴルフをしていると手首の左右の曲がり方はよく意識しますよね。でも最近のクラブは手首の左右の動きはなるべく抑えるだけでクラブが勝手に仕事をしてくれます。ところが手首の縦の動き(コック)を意識している人はあまりいません。こちらは縦に動かすというより、あらかじめ角度をつけて固定する、という考え方が必要なのです。

手首の角度のつけ方ってどうするの?

まずはクラブを握らず腕を平行にのばしてください。そのまま「チッチキチー」をするように親指だけをのばします。この時に親指が真上を向いているようにします。これが手首の縦の動き、コックを解かない手首の角度となります。
この手首の状態でグリップを握り、そのままスタンスに入ると手首に微妙な角度がつき、正しいフォームで構えることができるのです。

ダウンスイング時に動いてしまいがち

最初に握った状態から、手首の角度をそのままに振り上げて下ろしてみましょう。最初は手首に力が入りすぎて難しいかもしれませんが、なれてくると正しくクラブが下りてくるようになります。

手首の角度でミート率も上がる

この手首の角度を守っておくことで、ミート率が上がり飛距離を伸ばすことができます。特に力の弱い人や女性は「手首のコックを解き過ぎない」と頭に叩き込んでスイングしてみるといいでしょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます