日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

背筋の悪い人はゴルフにも影響!ゴルフ上達のための背筋改善法

背筋がまっすぐでないと、ゴルフのスコアに影響します。
その理由はバックスイングの時、体が回転しないから。
猫背を治すのは難しいかもしれませんが、せめてゴルフ中に猫背が影響しないようなスイングの方法を教えます。

猫背がゴルフによくないわけ

背中が丸まった状態でアドレスし、そのままバックスイングをすると上体が起き上がりやすくなります。
このとき体が伸びてしまうので当然フェースが開いてしまいます。フェースが開いたままスイングすると、当然スライスになります
そして、伸びあがって縮んでスイングしているのでトップしたりダフったりといったことが多くなります。
また、背筋が伸びている状態より丸まった状態のほうがバックスイングも小さくなります。

アドレス前にまっすぐ前を見て立つ

猫背をいきなり治すのは難しいですよね。そこで猫背でもスイング中だけはまっすぐな姿勢を保てるコツを教えます。
まず、アドレスを構える前にまっすぐに立ってみてください。ボールを見ずに、目線を正面に向けます。そして足の付け根から
背中をお辞儀するように曲げてみてください。

顔を下げずに目線だけ下を見る

次に、顔を落とさずに目線だけ下に落とします。このとき顔を下に下げてしまうと背中が丸まってしまうので注意してください。
そのあとは両手を自然にブラんと下ろし、その状態でグリップを握って構えるときれいな背筋で構えることができますよ。

出来るなら日頃から背筋を意識して

もちろん、日頃の生活の中で猫背改善をするのが何よりも大切なことです。
普段から姿勢を意識して、きれいな背筋で生活するとゴルフだけでなく他にもいいことがたくさんがありますよ。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます