日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

【ゴルフ】方向性を安定させるためのポイントは?

ゴルフコースは起伏に富むため、狙った場所にボールを飛ばせなければすぐにバンカーやハザードに入ってしまうことでしょう。そうならないためには真っ直ぐ飛ばすことが必要となりますが、そのポイントとはどんなものがあるのでしょうか。

正しい姿勢でスイングしよう

方向性の安定した曲がらないショットにするには、正しい姿勢でのフォームを作ることが大切です。
ショットは体の捻転を使って打つものですが、姿勢が良くなければ捻転を上手く使えませんし、クラブのフェース面にもブレが生じてしまうからです。
具体的には、アドレス時に背筋が真っ直ぐに伸びているか、右肩が下げ気味になっていないか、インパクトまでに左腕が曲がったりしていないかなど確認してみましょう。

膝の使い方を意識しよう

安定したショットのためには膝の使い方にも気をつけましょう。
アドレス時には膝を軽く曲げていることで軸にブレがこないよう下半身を安定されられますし、スイング時の回転を適当なものにする効果があります。
体の捻転効果も上げられるため、腕力に頼らないバネの効いたスイングへと繋がるでしょう。

しっかりと振り切ること

ショットの方向性に不安がある場合、クラブをしっかりと振り切ることが難しく感じることもあるでしょう。けれどそうすることは、逆にショットの安定性を損なうことに繋がります。
体の回転を伴うスイングを無理に止めてしまうことは、結果的に手元だけで打ってしまうことになります。そしてそれはフェース面のブレとなりショットもブレてしまうのです。
しっかりと円を描くようイメージして、振り切るスイングをしてみましょう。

ミスショットの練習も効果的

ゴルフの打ちっぱなしなどで、あえてミスショットの練習をしてみることもおすすめです。正しいショットのときとミスショットのときとの違いが何であるかを確認できますし、自分の癖なども確認することができるからです。何度も練習して安定した方向性のショットを打てるようにしてみましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます