日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

常に注目されるゴルフブランド「ツアーステージ」

ゴルフをする者なら誰しもが知っている、ブリヂストンのアスリート向けラインナップであるツアーステージ。ゴルフクラブやゴルフボールなど、数々のツアープロから絶大な支持を受けています。ツアーステージの魅力とはいったい?

ブリヂストンスポーツの看板ブランド

1998年に誕生したツアーステージは、ジャンボ尾崎プロのパーソナルブランドである「J’s」に変わる新ブランドでした。ドライバー2種類に、アイアン4種類のラインナップでスタート。当時、若手ナンバーワンだった丸山茂樹プロと契約したことで、人気に火がつきました。多くのトッププロとも契約し、トーナメントモデルとしてのブランドイメージも確立していきました。

世界のひのき舞台でも活躍

2000年以降になると、日本のツアープロが世界の舞台で活躍していきます。USツアーの予選会で世界最小スコアの58をたたき出し、2001年にアメリカでのツアー優勝をはたした丸山茂樹プロ、マスターズにおいて日本人過去最高位である4位に入った伊澤利光プロ、そういった世界で実績を残したトッププロたちが使用していたのがツアーステージでした。

女子ツアーでも高い使用率

2002年には、アベレージゴルファー向けのラインも発売され、レベルによる棲みわけがされていきます。そして、2003年にツアー優勝を飾った宮里藍プロのツアーステージ使用によって、その人気はますます加速していきます。ゴルフ界のスーパースターへと一気に駆け上がっていった彼女の影響で、いまでは女子ツアーでの使用も多くなっています。

契約プロからのフィードバック

ツアーステージの特徴として、契約プロからのフィードバックの反映があります。そうして最先端のトレンドを素早く取り入れています。さらには、女性向けモデルが充実している点も、どうしても選択肢の少ない女性ゴルファーにとっては嬉しいところです。多くの契約プロに支えられ、革新性を追求していく姿勢が、ツアーステージの魅力になっているんですね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます