日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

スキーに是非持って行きたい「便利グッズ」3選

スキー場に必要最低限なものだけを持って行くと、意外とちょっとしたところで不便なことが多いものです。ゲレンデで快適かつ安全に過ごすために必要な便利グッズ、必須グッズをまとめてみました。

コンパクトな小銭入れと小銭

スキー場では何かと小銭を遣います。食事はもちろんのこと、ロッカーなどでも利用します。時々は飲み物を買ったりもしたいですよね。普段使いの大きな財布は必要ないので、使いやすく紛失しにくいようなコンパクトな小銭入れを用意しておくと便利です。お金も100円、500円を組み合わせて2000円くらいあればよいでしょう。

普段メガネの人もコンタクトレンズ

意外な便利グッズのように思えるかもしれませんが、実はこれはメガネの人には順必須。普段メガネを使っている人はわかると思いますが、冬場は寒さと自分の呼気などでメガネが曇ります。メガネをした状態でのスキーは転倒の危険性などもあるため、可能であればコンタクトレンズの装着をオススメします。

サングラスまたはゴーグル

コンタクトを必須グッズに入れた理由のもう一つがこのサングラスやゴーグルです。雪上では光の反射によって目にダメージを負って「雪目」という症状になってしまうことがあります。また、反射具合に応じて雪の見え方などを適切に捉えて安全、快適に滑るための装備でもあります。

便利グッズも安全第一で考えよう!

いかがでしたでしょうか。この他にも保険証や日焼け止めなども必須の持ち物になります。安全で快適にスキーを楽しめるように、準備は入念に行いましょう!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます