日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

スキーに行くなら日焼け止めはバッチリと!

寒くなると,いよいよゲレンデが恋しくなってきますね.一面の雪原を,軽やかに滑り降りる…想像するだけでわくわくしてきます.でもちょっと待って! スキーに行く前に,日焼け止めについておさらいしましょう.

冬に気を付けたい.乾燥はお肌の大敵!

そもそも冬でも紫外線対策をしなければいけないのでしょうか? 夏に比べると日差しもやわらかいし,外に出ていてもほとんど日焼けは気にならないかもしれません.実際,シミ,シワの原因となるUVA波(長波長紫外線)が冬の日差しに含まれる量は夏の3分の1程度というデータもあります.ですが,冬は乾燥の季節.乾燥したお肌は本来持っているバリア機能が低下しています.そこに直接紫外線を浴びると,普段よりもより一層紫外線の影響を受けてしまうのです.

スキー場は紫外線だらけ?

あたり一面銀世界のスキー場.雪の紫外線反射率は80%~90%といわれています.これはもう上からの日差しとほとんど変わらないものが地面からも出ているようなものです.しかもスキー場はだいたい高地にあるので,空気に不純物が少なく,さえぎるものがない紫外線がどんどんお肌に突き刺さります.

日焼け止めで紫外線を防ごう!

そこでお肌を露出しないのはもちろんのこと,やはり活躍するのが日焼け止めです.今はもうみなさんご存知かもしれませんが,SPFは日焼け止めの効果が持続する時間の長さ,PAは紫外線を浴びたあとの影響が出るまでの長さを表しています.それぞれ数字や+の数が多いほど,効果も高いというわけですね.ただここで気をつけたいのが効果が高い=お肌への負担も大きいということ.お肌が敏感な方は,SPF値の低い日焼け止めをこまめに塗りなおすことで効果を持続させましょう.
きちんと紫外線対策をすることで,お肌の老化は防げます.日焼け止めをバッチリして,冬のレジャーに出かけましょう!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます