日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

長野のサッカーグラウンド・コート情報

松本山雅FCやAC長野パルセイロで有名な長野県ですが、県内のサッカーグラウンドについてご紹介します。

千曲川リバーフロントスポーツガーデン

千曲川リバーフロントスポーツガーデンは長野県長野市にある天然芝のグラウンドです。利用料金は8:30〜11:00までが11,250円でそれ以降は2時間9,000円となっています。アクセス方法はJR長野駅から長野電鉄バス屋島行きに乗車し終点「屋島」で下車し徒歩7分の場所にあります。

南長野運動公園

南長野運動公園は長野県長野市にある天然芝のグラウンドです。アクセス方法は上信越道「長野IC」より車で約5分の距離にあります。この場所には平成27年3月に完成予定の南長野運動公園総合球技場が出来上がる予定です。かなり本格的なスタジアムになるので今から完成が楽しみでなりません。

信州スカイパーク アルウィン

信州スカイパーク アルウィンは長野県松本市にある天然芝のグラウンドです。国際試合も出来るほどの立派なグラウンドになっています。利用料金は午前が11,000円、午後が22,000円、夜間が26,000円となっています。国際試合ができるグラウンドだけあって、大型ビジョンもあり、1時間6,300円で利用可能ということなので一度使ってプロの気分を味わってみたいものですね。アクセス方法はJR松本駅よりバスで「神林」停留所下車し徒歩25分の場所にあります。

まとめ

今回ご紹介したグラウンドはどれも素晴らしいものばかりでした。こういった環境がある地域はこれからも益々サッカーが発展していくことでしょう。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます