日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

鍋パーティで使える サイドメニューレシピ

皆でワイワイ盛り上がる鍋パーティ。おいしい鍋の他に、鍋に合うサイドメニューがあれば、もっと美味しく楽しく盛り上がるのではないでしょうか?そこで、鍋に合うサイドメニュー「美味しい豚モツ焼き」のレシピをまとめてみました。

鍋の最強パートナー、「モツ」とは?

モツとは、内蔵肉のことを言います。内蔵肉とは、主に小腸や大腸のことで皮、胃、肝臓、心臓、腎臓、子宮、肺、腸などの部位です。

鍋パーティの名脇役、豚モツ焼きに必要な食材

美味しい豚モツ焼きを作るために必要な食材は、豚モツ(300g)、しめじ(半パック)、椎茸(3個)、みりん(50cc)、醤油(50cc)にんにく(8g)、しょうが(3g)、味噌(大さじ1)、鷹の爪(小さじ1)、砂糖(大さじ1)、ごま油(大さじ1)小ネギ(少々)です。

美味しい豚モツ焼きの作り方

最初に、みりんを火にかけ沸騰してきたら、醤油を入れます。そして、すりおろしたニンニクと生姜、鷹の爪を入れます。同じタイミングで、砂糖と味噌を溶かしてください。とろみ感が出たら濾しておきます。(味の調整に関しては、濾す前にしてください)続いて、もつの臭みをとる為に一度、煮立ててモツをザルに上げておきましょう。この作業をしている間に、きのこ類を用意しネギを刻んできます。フライパンに、ごま油をひきザルの上に上げたモツを炒めていきます。モツに薄く焦げ色がつき始めたら、きのこ類を入れます。そこで、きのこを炒めすぎないように気をつけてください。その後、特製ダレを入れて全体に味が馴染んだら出来上がりです。

まとめ

とても簡単に、美味しい豚モツ焼きを作ることが出来ます。このレシピを参考にして、鍋パーティのサイドメニューにしてみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます