日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

招待状 の文例【 結婚式編】

結婚式の招待状、差出人を本人達で出す場合と両親の名前で出す場合の2通りがあります。
一昔前は両親で出すのが主流だったようですが、最近では本人達の名前でだすことも多いようです。
ここでは、2通りの結婚式の招待状の文例をご紹介します。

本人達が差出人の場合

拝啓 新緑の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。
さて、このたび○○大学教授○○先生ご夫妻のご媒酌により私どもは結婚式を挙げることとなりました。
つきましては、将来幾久しく御厚誼御指導賜りたく、御披露をかねて小宴を催したいと存じます。
ご多用中誠に恐縮ではございますが、ぜひご臨席を賜りますようお願い申し上げます。
   敬具

日時 ○月○日(○曜日) 午後○時
場所 ○○○○ホテル (○○駅下車)

中村 一男
山田 市子

なお、お手数おかけいたしますがご都合を○月○日までにお知らせください。

両親が差出人の場合

拝啓 貴家益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。
このたび、○○様ご夫妻のご媒酌により

義男 長男 一男
隆  三女 市子

との婚約が整い、結婚式を挙げることになりました。 
つきましては、今後とも幾久しく御厚誼御指導賜りたくご多用中誠に恐縮ではございますが、ご披露かたがた心ばかりの小宴を催したいと存じますので、ご臨席賜りますよう謹んでご案内申し上げます。
敬具

日時 ○月○日(○曜日) 午後○時
場所 ○○○○ホテル (地下鉄○○駅下車)

平成○○年○月○日

中村 義男
山田 隆

お手数ながらご都合のほどを○月○日までに御一報お願い申し上げます。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます