日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

初心者必見!スキーの基本的な滑り方について

初心者必見!スキーの基本的な滑り方について

冬のスポーツと言えばスキーです。初心者にとって、真っすぐに滑ることと、自分の思った方向に曲がることは大変難しく、苦労します。スキーでの基本の滑り方をマスターして、スキーを楽しみましょう。基本の滑り方を覚えて、華麗に見えるカービングターンをマスターしましょう。

 

転んで起きる

スキーでの転びかたと起き方にも基本があります。転びそうになった時は、斜め後ろに向かってお尻から転ぶようにします。起きる時は、板を斜面に対して平行に揃え、ポールに力を入れて起き上がります。基本の転んで起きる形を覚えると、けがの防止になります。

 

初心者の基本の滑り方

ボーゲン(プルークボーゲン)スキーが初めてという方には、まず内またにして、ハの字型の滑り方をマスターしましょう。ハの字型を小さくするとスピードは速くなり、ハの字型を大きくすると、スピードはゆるめになります。曲がりたい方向の片足に重心をかけることで、向きを変えることができます。重心をうまくかけるように、練習をしましょう。

 

初心者の止まり方

最初のうちは体重移動が思うようにいかず、転んでしまいます。基本のボーゲン(プルークボーゲン)は、つま先に重心(体重)をかけるようにハの字型を広くすることで、止まることができます。何回も転んで練習をすれば、感覚を掴むことができ、基本の滑り方ができてきます。感覚を覚えれば自然と止まることができます。

 

スキーで曲がる

・スキッティングターン

パラレルターンの一つで、スキー板をずらして回転をします。曲がりたい方向とは逆に、スキー板でゆっくりと曲がっていきます。ポイントはスキー板をうまくずらしながら曲がることです。最初は平らな雪の上でコツを掴みましょう。

・パラレルターン

ボーゲン(プルークボーゲン)はV字型ですが、両足を揃えて、平行のまま方向転換をします。

・カービングターン

細かいシュプールを描き、ターンをする時に両足を内側に向け、体重移動をすることと、板を傾けながら、両板のエッジを雪に切り込むことで、方向を変えることができます。スピードはが出て滑ることができますので、テクニックも必要となります。

 

まとめ

スキーの基本の滑り方をマスターしましょう。何度も転んで練習をすれば、重心のコツなどが掴めてきます。滑り方にはいろいろな滑り方がありますので、自分なりの滑り方を見つけましょう。

スキーが初めてという方にはボーゲン(プルークボーゲン)がお勧めです。

 

 

 

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます