日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

【関西編】お正月に行っておきたいおすすめ温泉

普通のお風呂に入っても、十分に疲れを癒やす事ができます。
しかし本当に癒やされたいと思ったら、温泉が良いでしょう。
入浴剤も良いですが、正月の寒い時期に入る温泉は身体の芯から温まれます。
関節痛や、筋肉痛にも効果のある温泉に入った後は、家族やカップルでおいしい食事に舌鼓です。
関西には魅力的な温泉が点在しています。
そこで、関西の温泉地を3つ取り上げてみました。

雄琴温泉

滋賀県の琵琶湖西岸にあります。滋賀県で最大の温泉地で、最澄により開かれたと言い伝えられています。
2006年には地域ブランドの認定を受けました。

効能は、神経痛や筋肉痛、関節痛や五十肩、運動麻痺等に効果があると言われています。他にもうちみや、くじきや、慢性消化器病や痔、冷え性や疲労回復等が挙げられます。

有馬温泉

兵庫県の神戸市北区有馬町にあります。日本三古湯の1つに挙げられています。枕草子の中にも三名泉として紹介されました。江戸時代に行われた温泉番付では、西大関となり、当時の最高位として格付けされています。日本を代表する温泉の1つとして多くの観光客が訪れています。

効能は、冷え性や、腰痛や、筋や関節痛、抹消健康障害などに効果があると言われています。
他にもアレルギー性皮膚疾患や蕁麻疹などの皮膚病に関しても良い影響があります。
メタ珪酸という物質が多く含有されている事で知られており、保湿効果も抜群です。

嵐山温泉

京都府京都市右京区嵐山にあります。
嵐山は京都でも有数の観光スポットと知られています。温泉に入るだけでは無く、有名な寺院等を訪れるのも良いでしょう。
平安時代には貴族の別荘地として栄えました。ただし温泉地としては、大正時代から続く温泉旅館等、数軒があっただけで世間にはあまり知られていませんでした。
2004年に源泉を再ボーリングをして地域活性化を図っています。

効能は、神経痛や、筋肉痛、関節痛や、五十肩等です。他にも、うちみやきずき、慢性消化器病や、痔、冷え性や疲労回復や、健康促進等に効果があると言われています。

雄琴温泉、有馬温泉、嵐山温泉以外にも関西には沢山の温泉地があります。
お正月には、愛する家族や恋人、あるいは1人で、疲れた身体を癒やすためにゆったりと湯船に浸かって鼻歌でも歌ってみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます