日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バスケの神業といえば

バスケの神業を数多く世の人に披露してきた人はマイケル・ジョーダン意外にはいないでしょう。バスケの神業製造機であり人間の姿をした神、マイケル・ジョーダンを紹介します。

バスケの神業といえば

バスケ界の生きる伝説マイケル・ジョーダン

バスケをあまり知らない人でもマイケル・ジョーダン、彼の名前を聞いた事は一度は必ずあるはずです。彼は以前アメリカのNBAの超有名なスター選手でした。かつてNBAでシカゴ・ブルズに所属していた選手で、2015年には約11年ぶりとなる訪日も果たしています。今でも本国のアメリカだけでなく日本やその他の国々での人気が根強く熱狂的なファンもいるくらいです。

マイケル・ジョーダンの何が凄いのか?

マイケル・ジョーダンは今でもバスケ界のスーパースターですが、では何が一体彼の凄いのでしょうか?彼はNBA時代に、通算で10回ものシーズン得点王を獲得しています。優れたオフェンスのスキルも持ちあわせていたので、切れ味の良いドリブルで切り込んでシュートを決めたり、空中高くでデイフェンダーを上手くかい潜り得点を決めるダブルクラッチなど、他の選手にはなかなか真似が出来ないようなプレースタイルをやってのけました。

ファンを虜にしたダンクシュート

特にバスケファン達を釘付けにしたのが「Air」と呼ばれたダンクシュートです。フリースローのラインから踏み切り、リングへ目がけてボールをぶち込むというプレーは今でも人々の記憶に焼き付いています。また1998年に行われたNBAのファイナル第6戦での試合終了間際で、ジョーダン選手は相手の選手からボールを奪いシュートを決めて逆転勝利に導きました。これは今でも「The Last Shot」と呼ばれて伝説のプレーとして人々に語り継がれています。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます