日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ウォシュレットの大掃除方法

今や珍しくなくなったウォシュレット。ウォシュレットのお掃除と言っても、どうすればいいのかよく分かりませんね。特にノズルは定期的にお掃除しないと、汚れが溜まってしまいます。

ウォシュレットの構造

ウォシュレットは使用した際に、ノズル部分を水洗いするような構造になっています。つまり自分自身でお掃除しているので、頻繁にお掃除をする必要はありません。しかし、全くしないと汚れは付着していきます。

ノズルのお掃除方法

まず、きれいな雑巾などを用意します。洗浄ボタンを押し、ノズルを出します。ノズルから出る水を覆うように雑巾を被せ、やさしくノズルを拭きます。ウォシュレットのノズルは、デリケートな部分にかかる水を扱うので、洗剤など使うのはなるべく避けた方がよいようです。もしノズル部分で取れない汚れがある場合は、布にアルコールを含ませ、軽く拭くようにしましょう。

ウォシュレットの周りのお掃除

ウォシュレットを操作するボタン類は、防水処理はしてありますが、だからといって水をかけるのは避けましょう。まずは埃を取り、布で拭きます。汚れが気になる場合は、アルコールを含ませた布で拭くとよいでしょう。

コンセント

ウォシュレットのコンセントは、大掃除の際に必ずチェックして欲しい箇所です。コンセントとプラグの間に埃が溜まっていると、そこに水分が加わった時に発火する可能性があります。トイレは水がある場所なので、常にコンセント部分は清潔にしておきましょう。

ウォシュレットのお掃除はついつい忘れがちですが、だからこそ大掃除の時にはしっかりと掃除したい部分ですね。 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます