日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

福島のさくらんぼ狩りの時期について

6月頃がさくらんぼの旬と言われますが、地域によって収穫時期に差があります。旬のものは旬のうちに食べておきたいものですので、福島のさくらんぼ狩りが始まる時期はいつ頃からなのか、福島のさくらんぼの旬を見てみましょう。

6月上旬・紅さやか

紅さやかは鮮やかな紅色と酸味が特徴としてあり、しわが寄るほど甘くなっていくため、ジャムやお菓子などにも使われるさくらんぼです。紅さやかは早生種で、福島での収穫時期は「6月の上旬から中旬」まで収穫することができます。

6月中旬・佐藤錦

果汁と甘みに富む一番人気のさくらんぼ、佐藤錦(さとうにしき)はもちろん福島でも楽しむことができます。福島での収穫時期は「6月中旬から下旬」までとなります。その他にも、正光錦(せいこうにしき)や香夏錦(こうかにしき)といった福島ならではの福島産のさくらんぼも、この時期を同じくして収穫することができます。どちらも酸味が少なく甘いさくらんぼです。

6月下旬・紅秀峰

紅秀峰(べにしゅうほう)は甘さで有名なさくらんぼです。収穫時期は佐藤錦よりも1週間ほど遅く、「6月下旬から7月上旬」まで楽しむことができます。紅秀峰の他には、ナポレオンというさくらんぼも同じく晩生種であり、収穫時期も同じく6月下旬から7月上旬になります。
さくらんぼは、収穫時期が1年のうち一月あまりという旬が短い果物ですが、だからこそ美味しいさくらんぼを美味しいうちに食べたいものです。福島でのさくらんぼ狩りに行くの場合も、さくらんぼの美味しい収穫時期を見定めて行きましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます