日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

結婚式の招待状 正しいお返事の仕方

結婚式の招待状が届いたとき、あなたはどうしていますか?
大切な人が人生の新しい門出を迎える日に呼んでいただけることはとても嬉しいことですよね。
招待状の葉書はただ単に出席か欠席かを知らせるだけのもの!と思っている人は要注意。返信用葉書の書き方にももちろんマナーがあります。
お祝いの席におけるスマートな対応は大人として是非押さえておきましょう。

なるべく早く返信する

招待客の出欠の返事が分からなければ、結婚式の準備を進めることができません。招待状を受け取った場合はなるべく早く返信葉書を郵送しましょう。招待状には返信期限が記されていますが、招待状が到着後、1週間以内にお返事を出すことが最低限のマナーであり、大人としての礼儀です。

”御”は全て消す

招待状に記されたあなたに対する敬称はすべて二重線で消しましょう。具体的には「御出席」「御欠席」「御住所」「御芳名」などです。二重線で消す際は定規を使います。またお祝いの気持ちを伝える技として、「寿」という文字で敬称を消すという方法もありますよ。

一言書き加えてお祝いの気持ちを伝える

「出席」の前に「喜んで」という一言をつけ足したり、空白蘭に一言お祝いメッセージを書き加えましょう。相手の方はあなたのそんな心遣いにきっと喜んでくださいますよ。

まとめ

以上のように、結婚式の招待状のお返事の書き方にも正しいマナーがあります。きちんとルールを押さえて、大切な方にお祝いの気持ちを伝えてくださいね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます