日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

お祭り屋台の焼きそばはどう作っている?

お祭りの屋台で食べる食べ物は雰囲気のせいもあってか、とても美味しいですよね。中でも焼きそばは家庭では真似できない味です。どのように作られているのでしょうか?動画とともに御覧ください。

お祭り屋台の焼きそばはどう作っている?

具材に余計なものがない

お祭りの屋台の焼きそばの特徴は、「あまり具材の種類が多くない」ということです。家庭で作る焼きそばには、栄養バランスを考慮して様々な野菜などを入れたりしますが、屋台の焼きそばは、最低限で言えば豚肉とキャベツのみ。この2つの味が焼きそばのベースとなっています。

肉は脂の多い豚バラ肉

屋台の焼きそばの味の要がここにあります。焼きそばに使う肉は豚バラ肉です。薄めのバラ肉はコテで切ることが出来、火が通るのも早いです。また、脂身も多いので旨味も十分にあります。キャベツも柔らかく食べやすい部分を使っています。

決め手のソースだけは難しい!

焼きそばの味付けはソースですが、このソースだけは屋台の企業秘密のため情報を手に入れることは難しいです。しかしながら、業務用スーパーなどに売っている液体の焼きそば用ソースなどを使えば、かなり良い線で作ることが出来ます。家庭でフライパンなどで焼きそばを作る場合でも、付属のソースではなく、業務用ソースを使うと一味も二味も違いますよ!

バーベキューなどで披露したい!

いかがでしたでしょうか。祭り屋台の焼きそばの味はなかなか素人が真似するのは難しいですが、バーベキューなどで鉄板を使う機会には是非屋台の味を目指して調理してみてくださいね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます