日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

東京で屋台が出るお花見名所5選

東京で屋台が出るお花見名所5選

3月から4月にかけて、東京では桜のきれいな季節になりますね。 「花よりだんご」という方は屋台の方も楽しみなのではないでしょうか。

今回は屋台も楽しめる東京の「お花見スポット」をご紹介します。

靖国神社周辺

約600本もの桜が咲き乱れる靖国神社には、東京の桜の開花日を決める基準木があることで有名です。 美しい桜を見るために30万人を超す見物客が訪れます。 「千代田さくらまつり」に合わせて行われる「さくらフェスティバル」では、靖国神社会場に約200もの出店が並ぶので屋台が好きな方も満足できるお花見スポットです。

上野恩賜公園

台東区にある上野恩賜公園は、約1000本の桜が楽しめる観光スポットです。 交通アクセスも良いので、毎年たくさんの人でにぎわいます。 博物館や動物園などの施設も充実しているので家族で行っても楽しめますよ。 お楽しみの屋台は、上野東照宮や不忍池付近に数多く並んでいます。 平日でも屋台が出ているので、お休みが取れたら出かけてみてはいかがでしょうか。

隅田公園

隅田川に沿って約700本の桜並木が連なり、屋台船や水上バスでもお花見を楽しめます。 近年ではスカイツリーと桜を一緒に楽しめるスポットとしても有名になりました。 観光客が多く集まる場所なので、出店の種類や数も充実しています。 スカイツリーと桜を眺めながら、屋台で食べ歩きもいいですね。

目黒川周辺

中目黒駅で降りるとすぐに目黒川が見えます。約4キロに渡って目黒川沿いに桜並木が広がっており、随所にある橋からの眺めは圧巻です。一眼レフなどで写真を撮っている方も多いです。屋台も川沿いには沢山あります。目黒川沿いのおしゃれなショップや飲食店が露店を出しているんですよ!

毛利庭園

「こんな都会のど真ん中に?!」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、六本木ヒルズにも、桜の名所があります。六本木ヒルズの中にあり、桜を始めとした滝や川・池がある「毛利庭園」という庭園では、大都会の中に居ながらにしてお花見を楽しめます。さらに「春まつり」開催期間には、ヒルズ内の飲食店から屋台が出現します。例ですが、『サーモンとアスパラガスのキッシュ』『ホワイトアスパラガスとイベリコハムのスープ』『ナポリ風モッツァレラ入り揚げパン』など食欲をそそる食べ物が販売されるようです。

まとめ

いかがでしたか。東京のお花見スポットはものすごく混んでいます。シーズンは駅からお花見スポットまで行列なんてこともざらなので、平日の昼間など空いているときに行ったり、土日でも早めに出かけたりして屋台も桜ものんびり楽しみたいですね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます