日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

大掃除の手順 〜お風呂編〜

浴室の汚れと言えば、石けんかすや皮脂汚れ、更には湯垢やカビですね。毎日浴槽は洗っても床は時々しか掃除しない、という人も多いのではないでしょうか。大掃除の時に、蓄積された汚れを一掃しましょう。

1.浴槽

浴槽には、皮脂や垢などの汚れが最も多くつきます。洗剤とスポンジでよく洗い、それでも取れない汚れはキッチンペーパーやテッシュを汚れ部分に被せ、上から洗剤をつけて、しばらく湿布しましょう。汚れが浮き上がり、簡単に落とせます。

2.壁と床

壁と床も念入りに磨きます。汚れが残っていると、湯垢も付きやすくなります。また、くすんでいきます。洗剤とスポンジ、またはブラシで隅々まで念入りに洗いましょう。タイル張りの床の場合は、目地の汚れも丁寧におとしましょう。

3.カビの除去

カビが発生している時は、市販のカビ落とし洗剤や塩素系漂白剤を使い、除去しましょう。それらを使用する際は、必ず使用上の注意を読み、ゴム手袋をはめ換気しながら行ってください。とても刺激が強く、危険なので注意が必要です。

4.仕上げ

洗面器やお風呂のイス、シャンプーの容器などの細々したものや棚を洗いましょう。また、シャンプーヘッドや鏡も忘れずに汚れを落とします。
そして、排水口の髪の毛やごみを取り除きます。

浴室がきれいになると、入浴も楽しくなりますね。上がる時には浴室内にシャワーで水をかけると、カビが発生しにくくなります。さらに、拭き上げるとベストです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます