日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バドミントンが上達してきたらスマッシュを覚えよう

バドミントンといえばやっぱりスマッシュの迫力は凄いですよね。
しかし始めてバドミントンを始めた時にはシャトルにラケットを当てるのも一苦労だと思います。
自分が思っている以上に距離感を掴むのが難しいスポーツなのです。
ある程度上達してきたら遂にスマッシュですが、一筋縄ではいかないものです。
そこで今回はスマッシュについて説明したいと思います。

スマッシュの打ち方

まずは基本的なスマッシュの打ち方について説明します。
スマッシュを打つ際に行う最初の事は、シャトルの落下地点に素早く移動する事です。
移動したら左手を上げてシャトルとの距離感を測ります。
そしてラケットを振りかぶり、右足に重心を置きます。
十分にためを作り、シャトルが打撃ポイントまで落下してきたら、右足を強く蹴りだし腰から手首まで順番に力を伝えながらシャトルを打ちます。

スマッシュのコツ

スマッシュのコツとしては、焦らずにシャトルとの距離感をきちんと掴む事です。
シャトルにラケットが当たらなければ意味がありません。
強いスマッシュを打ちたい余り力みすぎて空振りなんて事はよくあります。
強いスマッシュは決して力任せに打っても出来るものではありません。基本を忠実に守り、正確に体の力を伝える事が重要なのです。

早いスマッシュを打つには

スマッシュを打てるようになると、次は早いスマッシュを打ちたくなると思います。
早いスマッシュを打つには3つのコツがあります。
1つ目は最初にきちんと半身の状態を作る事です。スマッシュは力で打つものではなく、体の回転による力を伝える事でより早いスマッシュを打つ事が出来ます。
2つ目は肩を支点としてラケットを振る事です。
3つ目は体の前で打つことです。またより高い位置で打つ事も重要となります。

まとめ

スマッシュは打てると爽快ですし、試合も優位に進める事が出来ます。
重要なのは基本に忠実にある事で、何度も反復してフォームを固める事が重要となります。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます