日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バスケのコートネームを決める3つのポイント

バスケのコートネームを決める3つのポイント

今回はバスケでのコートネームについてご紹介していきたいと思います。アメリカで誕生したバスケットボールですが、日本でもプロリーグで活躍されている選手がたくさんいます。

その選手も含めて、今はミニバスからコート上でコートネームで呼ばれているところもあります。そのコートネームについてまとめました。

コートネームを考える

まずは、バスケでのコートネームを考えてみましょう。名前を短くしたり、ニックネームをそのままコートネームにしているチームもいます。チームの中心的存在な人だと「キー」カギとなる人という意味でコートネームを付けられる人もいます。

また、先輩が後輩のコートネームをつけてみたり、先生がコートネームを付けてみたりと意味を持ったコートネームをつけてくれるところもあるので楽しいです。また、自分がどんな意味のコートネームをつけてもらえるかとても楽しみですね。たとえばコートネームは「秀」意味は「集中力を維持し優れたプレイを貫くプレーヤー」秀才という意味を持つコートネームです。

コートネームを決める

コート上ではコートネームで呼びます。普段コート上と日常生活では呼び方が異なる人もあると思いますが、日常生活から先輩も後輩もコートネームで呼んでいるとスムーズに練習や試合中で名前がでてくると思います。

コートネームを決めるときもどのような選手なのか、どのような性格をしていてどんなプレイスタイルを持っているのかを含めて意味のあるコートネームで決めると覚えやすいかもしれません。

コートネームで呼ぶ

コートネームが決定したら、コートネームで呼んでみましょう。初めは慣れなかったり、覚えられない名前とかあると思いますが、普段から呼び続けることで覚えられてくると思います。また、コートネームで呼ぶことでチームや先輩後輩とも仲が深くなっていくと思います。

まとめ

コートネームで呼び合うチームはまだ少ないと思いますが、強豪チームでは当たり前になってきています。強豪チームだけではなく、ミニバスや中学校など含めて現在ではコートネームを付けて呼び合うチームもいます。

プロバスケット選手でもコートネームを付けて呼び合うくらいですから、コートネームは試合などでとても大事なことなのだと思います。徐々にコートネームを考えたり呼び合えたりするチームを、作っていくといいと思います。

バスケカテゴリ

おすすめカテゴリ

おすすめサービス

調整さんをフォローする