日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

すぐに滑れるスノーボードの滑り方 〜初心者向け〜

スノーボードを始めるなら、格好良く滑りたいものですよね?そのためには基本をしっかり身に付ける事が大切です。
ここでは、何をするにも大事になってくるスノーボードの基本をまとめてみました。

膝の使い方

力を抜いて膝を曲げる事を意識するだけで、劇的に滑りが変化します。「曲げる」と言っても、中途半端ではなく、しっかり板に垂直に腰を落とし、思ってるよりも膝を曲げるのです。

そうする事で、雪面のデコボコでバランスを崩しやすい人も、膝が柔軟に動き、クッションの役割をして転倒しにくくなります。また、斜面が急な所が怖い人でも、重心を低くする事で、スピードコントロールをしやすくなります。

目線の場所

スノーボードは、目線の方向へ進んで行くのが特徴です。大袈裟に言うようですが、進みたい方向の先(できるだけ遠く)を見ていると勝手に進みます。それだけ目線は大切です。

また、目線を遠くに置く事で、進行方向の人物や障害物や雪面の状態に早めに気付くことができます。もう一つは、遠くを見る事で、体感スピードが緩み恐怖心が和らぐ効果もあります。初心者の方の多くは、怖いからと目の前の人や足元を見てしまいがちですが、目線が近いとエッジが立ち、転倒しやすくなるため逆に危ないのです。

まとめ

初心者のスノーボーダーは、自分が思っている以上に体が固まっています。

やりすぎではないか?と思う程に膝を曲げて重心を低くして、なるべく遠くを見る事を癖つけましょう。今後トリックやアイテム使う際などにも重要なポイントなので、身に付けておくと何事も上達が早くなります。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます