日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バスケのルールがわからない!アウトオブバウンズってなに?

バスケのルールである、アウトオブバウンズ。
基本となるバイオレーションのひとつなので、知識を身につけておきましょう。
今回はアウトオブバーンズについてまとめてみます。

アウトオブバーンズとは

分かりやすく説明すると、コートの外にボールが出てしまったことです。
ボールが外に出てしまうと、近くのサイドライン、エンドラインから相手チームのボールでスローインでゲーム再開します。
5秒以内でスローンします。
オフェンスとディフェンスが入れ替わります。
審判は、バイオレーションのジェスチャー、パーで片手を上げるをしたあと、
スローインの方向を指差します。

アウトオブバーンズになる例

ライン上はコート外になります。注意が必要です。
・ゴールの支柱など、コート外のものにボールが当たってしまった時
・ラインを踏んだ、コート外の床に足をついた時
・ラインまたはコート外を踏んでアウトオブバウンズの空間のボールに触れた時
・コート外の選手にボールが当たったり、触ったりした場合
・ボールがライン上に触れた時
・ボールがアウトオブバウンズの床に触れた時

アウトオブバーンズにならない例

・ゴールのボード。側面、上面、下面の司四方にあたった時
・ボードの裏を通り、支柱などに触れずにコート内に落ちたと時
・コート内に足を残したまま、アウトオブバウンズの空間上のボールを戻した時

まとめ

アウトオブバウンズのライン付近の判断は難しくなります。
相手チームに攻撃権が移ってしますので、ライン付近のボールを取る時は、足の位置に注意してゲームに参加しましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます