日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

サッカーのコーチ資格【取り方と難易度】

サッカーのコーチ資格【取り方と難易度】

サッカーの楽しさはプレイするだけと思っていませんか?実は、プレイするだけではなく、指導するコーチの楽しさもあるスポーツになるんです。近所で遊んでいる子供たちに指導するだけでは資格は必要ありません。しかし、しっかりとしたスクールやユース世代の監督、さらにJリーグの監督やコーチをするにはこーいのライセンスが必要になります。

どのスポーツも必要になりますが、今回はサッカーのコーチ資格の取り方と難易度についてご紹介していきたいと思います。

サッカーのコーチ資格にはどんな種類があるのか

コーチの資格には、様々な級が存在します。例えば、「S級」を頂点として「A級コーチジェネラル」「A級コーチU-12」「B級」「C級」「D級」等があります。

S級はJリーグのトップチームの監督や日本代表の監督ができる資格になるんです。

A級コーチジェネラルはJリーグトップチームのコーチやサテライトの監督ができる資格になります。

A級コーチU-12はJリーグクラブやJFAなどでU-12世代の指導ができる資格になります。

B級は高校生以下のチームの監督やコーチ、サッカースクールの指導・普及ができる資格になります。

C級は地域スポーツ指導員ができる資格になり、D級は少年・少女サッカー指導員ができる資格です。

こうやって見てみると、S級から順番に指導できる範囲が決まっており。S級に近づけば近づくほどプロに近いところで監督やコーチができるのがわかりますね。

サッカーのコーチ資格はどうやって取るのか

次にサッカーのコーチ資格はどうやって取得するのか見ていきましょう。

基本的には下の級から取得するのが一般的ですが、D級は初心者向けというのもあり、C級から受講する人がほとんどになります。B級まではJFAが主催する講習会に参加することで取得が可能になりますが、それ以上の資格を取得するには、講習会での成績等が関係していきます。さらにS急に関して、講習を受けたあとはJFAの理事長に承認を得るなどしなければ取得はできません。

サッカーのコーチ資格の難易度は

サッカーのコーチ資格の難易度はどうなのでしょうか。サッカーの基本的なことを理解していればB級まで難しくないそうです。それ以上になると専門的な知識が必要になってくるので一気に難易度は上がってきます。

まとめ

サッカーのコーチ指導はプレイとは違った面白さが味わえます。どの監督になろうと思えば、知識とやる気さえあればなれます。S級に近づくにつれて難易度はあがりますが、コートや監督をしたいという強い気持ちがあれば、なれるのではないでしょうか。

サッカーカテゴリ

おすすめカテゴリ

おすすめサービス

調整さんをフォローする