日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バスケの用語:アリウープってなに?

バスケの用語:アリウープってなに?

バスケットボールにある用語の中でアリウープやダンクシュートなど知っていますか?難しい用語ですが、アリウープやダンクシュートについて詳しくまとめてみたので一緒に見ていきましょう。

アリウープとは

初めに、バスケットボールのアリウープとはどういうプレイなのか説明していきます。アリウープとはボールをもっている仲間がリングの近くにボールを投げます。それを空中でキャッチしてダンクシュートをするというのがアリウープシュートになります。基本的にボールを投げて、キャッチして着地して再度ジャンプしてシュートを打つというのが流れですが、着地をせずにそのままダンクシュートを行います。タップシュートのダンクシュート版だと思うと簡単でしょう。

アリウープが決まるととても盛り上がります。ジャンプ力がある人や耐空距離が高い人ができやすいプレイになります。また、仲間との息も合わせてしなければ成功しないシュートになりますね。

ワンマン・アリウープとは

ワンマン・アリウープシュートとはどういったものなのでしょうか。言葉の通り、アリウープシュートの一人版になります。床やバックボードに力強く大きくバウンドさせ、それを受けてダンクシュートを打つことになります。あまり床に投げつけてプレイするよりかはバックボードに大きくぶつけてシュートした方がかっこいいですよね。

一人でアリウープは難しいのでNBA選手がよくやるプレイになります。日本人でも出来たらかっこいいですが、身長が高いかジャンプ力がある選手が有利にできるプレイになります。

ダンクシュートについて

次にダンクシュートについてご紹介していきたいと思います。まずは、高さやジャンプ力が必要なプレイになります。小さい選手でもジャンプ力があればダンクシュートは簡単にできます。結構身長が低い人でもダンクシュートを楽々と決めてくるので、身長よりかはジャンプ力を鍛えるとよいでしょう。

ジャンプ力はどこを鍛えればいいのでしょうか。それは、足の筋肉もですが、全体のバランスを考えて筋肉をつけるとジャンプ力がつきます。また、普段使わない足の筋肉をつけるのが良いとされており、筋トレのしかたも工夫するとよいかと思います。

今回は、バスケットボールにあるアリウープとダンクシュートの用語についてご紹介していきました。どちらのシュートも決まると会場が盛り上がりとてもかっこいいプレイになります。憧れるプレイになるので、できるように練習を頑張りましょう。

バスケカテゴリ

おすすめカテゴリ

おすすめサービス

調整さんをフォローする