日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

カラオケで高い声を出すには?

最近の曲は高いキーのものが多く、カラオケで高い声が出ないと悩んでいる人も多いのでは?そこで、カラオケで高い声が出るようになる練習方法をいくつか調べてみました。ぜひ今日から実践してみてください!

カラオケで高い声を出すには?

①腹式呼吸の練習をする!

腹式呼吸とは、その名の通りお腹の筋肉を使って呼吸をすること。普段、わたしたちは肺だけで呼吸をしていますが、練習すれば腹式呼吸ができるようになります。練習方法は簡単で、息を吸う時にお腹を膨らませて、吐く時にお腹をへこませる練習をすること。これが腹式呼吸です。腹式呼吸をマスターすることによって、喉に負担がかからない発声方法ができるようになるので、カラオケで高い声を出すには必要な技術です。

②裏声の練習をする!

比較的、女性よりも男性の方が裏声が出にくいと言われていますが、練習方法は男女共通です。まずうがいをするイメージで声を出してみます。自分が出しやすい高さの声で大丈夫です。今度は、その声を鼻にかけてみます。鼻声になって、少し音が高くなりませんか?これが、地声と裏声の中間の声と言われています。難しいという人は、まず鼻声になるまで練習してみましょう。これが出来たら、意識して高い声を出します。喉の力が抜けていれば、自然と裏声になるはずです。

③喉の奥を開く練習をする!

カラオケで高い声を出すには、喉の力を抜いて、喉の奥が開かれている状態で発声することが重要です。確かに喉を絞って高い声を出す発声方法もありますが、音程が安定しないうえに喉を傷めてしまうのでおすすめできません。喉の奥を開く練習はとても簡単で、口をとにかく大きく開けるのです。そうすると喉の奥が開いている感じがするはずです。その状態のまま、口を閉じていきます。口を閉じても喉が開いているような状態を作れればOKです。

④ハイトーンボイスの曲を練習する!

腹式呼吸をマスターして、裏声が出るようになって、喉を上手に開けるようになったら、キーが高いアーティストの曲をカラオケで練習してみましょう。女性であればSuperflyや浜崎あゆみ、男性ならばスピッツやEXILEの曲がキーが高いのでおすすめです。最初は声が全然出ないかも知れませんが、練習していけば徐々にコツを掴めるはずです。このとき注意するのは、腹式呼吸と喉の開き。息が苦しくなるとこの2つができていない証拠ですから、バロメーターにしてみてください。

⑤まずは裏声で練習する!

カラオケで高い声を出すというと、どうしても地声をイメージしてしまう人は多いのではないでしょうか。実は、それは大きな間違いです。地声がもともと高い人は良いですが、高い声が出にくいという人は、まずは裏声で練習することが大事なのです。裏声で出ない高い声が地声で出るということはなかなかありません。まずは裏声で練習して、裏声で無理なく高い声を出せるようになったら少しずつ地声で出るかどうか試してみるのがいいでしょう。地声を出すコツは、腹式呼吸をしっかりしてお腹から力強く声を出すこと。こうすることで自然と地声になるはずです。

練習すれば高い声は出る!

マライア・キャリーのような超高音は持って生まれた才能ですが、ポップス程度の高い声であれば練習次第で出せるようになるはずです。今回紹介した方法を試してみて、カラオケで気持ちよく高い声を出せるようになりましょう!

カラオケカテゴリ

おすすめカテゴリ

おすすめサービス

調整さんをフォローする