日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ちゃんと知ってる?【スノーボード】ブーツの選び方

決して安くはないスノーボードのブーツ。買うなら絶対に失敗したくないですよね。今回は正しいブーツの選び方をご紹介します!スノーボードショップの店員さんに見立ててもらうにしても、事前知識があると安心ですよ!

ちゃんと知ってる?【スノーボード】ブーツの選び方

スノーボード用ブーツの種類

ブーツの種類を知って、ゲットしたいブーツを大まかに絞っておくと買い物が楽ですよ。
・ひもタイプ…紐でブーツを縛る、ソフトブーツタイプ。ブーツのキツさが調整出来、万が一紐が切れても交換が簡単。短所は力のない人は紐をキツく縛るのが大変な点。
・BOAタイプ…形状は紐タイプに似ていますが、縛り方が異なります。タン部分や側面にダイヤルがついていて、ダイヤルを回すことでブーツが締まります。力のない人向け。
・スピードレースタイプ…ブーツに足を入れ、両サイドにある紐を引っ張るだけで履ける楽ちんブーツ。紐の耐久性も良く、縛った紐の緩さを足首やスネなど部分的に調整ができるのが長所。
・ステップインブーツ…ビンディングがステップインの場合に購入するブーツです。通常のビンディングでは使用不可。

必ずショップで試着をすべし!

スノーボードグッズの中でも選択が難しいのがブーツです。普段履いている靴と同じようにデザインだけを重要視して購入するとブーツが足に合わず、思うように滑れないなんてことも…。ネットショップで購入すれば安価に済むこともありますが、その場合は実店舗で試着&サイズ確認をしたブーツと同じものを選ぶと安心です。
失敗しないブーツ選びの鉄則は、「試着する」です。

長めに履き心地を検証しよう!

初めてのブーツ選びなら店員さんにサイズを伝えて、いろんなタイプのブーツを試着させてもらうといいですよ。試し履きだけならタダですから、商品の高い安いを気にせず、品数の多い空いているお店を狙って行くと思う存分試着できるのでオススメです。
試着をしたら立ったりしゃがんだり、体重移動をしてみたりと様々な動作をしてみましょう。「足全体がフィット」「かかとが浮かない」「つま先が遊びすぎず、ブーツにぶつかりすぎない」といったブーツがあれば、それが足に合うブーツです。逆に少しでも痛い場所があるブーツは、サイズを変えてもダメなら気に入ったデザインであろうと諦めましょう。

固いブーツと柔らかいブーツ

ブーツには履き心地の固いものと柔らかいものがあります。
スノーボード初心者には履き心地の柔らかいブーツがオススメ。ブーツで固定した足元に自由があれば、体重移動が容易でスノーボードが扱いやすくなります。ただ、柔らかすぎるブーツだとへたるのも早く、転倒時に足を痛める可能性も。選ぶ時には注意しましょう。
固いブーツはキレとパワーのあるスノーボードをやりたい人向けです。履き始めの頃はスノーボードのコントロールが難しく、思うような滑りを実現しにくく感じますが、足に馴染んでくるとボードに力がかけやすくなります。好みはありますが、滑り心地を変えたい人にはオススメです。

ピッタリのブーツを見つけたら…

試着をした店で買うのがベストですが、出来るだけ安く購入したいのが消費心理ですよね。
自分に合ったブーツのサイズと型番をメモしてネットショップで探せば、安価に手に入れられることがります。安く仕入れたい人は要チェックです。ただし、ネットショップの商品は並行品に注意が必要です。並行品には保証書はありませんし、中にはシリアル番号がないもの…。気になる人は正規品を購入するようにしましょう。

試着をする時は靴下を!

ブーツを試着する時は、スノーボードで使う靴下を持参しましょう。もしひとりで試着するのが気詰まりなら、仲のいい友達と一緒に行くといいですよ。スノーボード好きの友達ならなおのこと心強いですね。
自分に合った一足を手に入れてくださいね。

スノーボードカテゴリ

おすすめカテゴリ

おすすめサービス

調整さんをフォローする