日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ビリヤード初心者のための打ち方の基本

見ていてカッコいいと思ってビリヤードを始めてみたものの、そのそもキューの持ち方や打ち方もよくわからないという人は多いのではないでしょうか?そこでビリヤードの基本的な打ち方かた応用までをまとめていきたいと思います。

ビリヤード初心者のための打ち方の基本

フォロースルーを意識してみる

ストロークが安定するようになったらボールを撞いてみましょう。手球を撞くときのポイントは撞いた後も手球を押し出すイメージでそのままキューを前に出します。これをフォロースルーといいます。このフォロースルーが上手くできるようになると想像以上にコントロールがアップしますので、ビリヤードをするときには意識してフォロースルーを入れるようにしましょう。

フォローショットの打ち方

次はフォローショット(押し球)の打ち方について説明します。ビリヤードでフォローショットは次の的球を狙いやすい位置に手球を進めるためによく使われます。フォローショットの打ち方は手球の中止により少し上を狙います。上を撞くことでトップスピンがかかり的球に当たっても手球は前に進みます。しかしあまり上を狙いすぎるとミスショットになってしまうので注意が必要です。手球の上を撞くときには通常のブリッジのままだとキューが上を向いてしまうので中指・薬指・小指でブリッジの高さを調整し、ラシャとキューが平行になるようにしましう。

ドローショットの打ち方

ビリヤードのドローショットはフォローショットとは逆に手球の下の方を撞くことでバックスピンをかけて、手球が的球に当たった後、次の的球を狙いやすい位置に移動させるために使う打ち方です。ドローショットで手球の下を撞くときにはキュースピードを速くし、フォロースルーを長めにすることでバックスピンをかけやすくなります。ブリッジもフォロースルーの逆で指で高さを低くし、平行に撞くことを心がけてください。

ブレイクショットの打ち方

最後はブレイクショットの打ち方のコツについて説明します。ビリヤードの上級者のブレイクショットも見ているといい音でボールがキレイに飛び散つのですが、初心者は予想以上にこううまくいきません。一番の原因は強く打とうとするあまり、力んでしまうからです。ブレイクショットのポイントは強く打つばかりではなく球の真ん中を打つという事なのです。コツはフォームを小さめにして、通常よりも少し腰の位置を高めにすることでキューを出すのがスムーズになるでしょう。

ビリヤードの基本的な打ち方を身につける

いかがでしょうか?簡単そうに見えても初心者には難しいのがビリヤードのボールの打ち方です。キューの持ち方から構え方、そして手球のつき方までの基本をきちんと覚えて練習するようにしましょう。それを身につけたらフォローショットやドローショットなどの打ち方もお終えてみるとさらにビリヤードが楽しくなります。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

ビリヤードカテゴリ

おすすめカテゴリ

おすすめサービス

調整さんをフォローする

人気記事ランキング