日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

剣道の初段取得の条件とポイント

剣道が初段とかいう話を聞いても、どのくらいすごいのかよくわからないという人も多いのではないでしょうか?今回はそもそも剣道の段位はどういったものかという事や剣道初段について取得の条件やポイントなどについて説明していきます。

剣道の初段取得の条件とポイント

検証初段の日本剣道形試験について

実技に合格できたら、日本剣道形の審査に進みます。日本剣道形の審査では面と胴をとり、剣道着と袴と垂れだけで挑みます。また竹刀ではなく木刀です。日本剣道形の審査ら初段の形の試験は打太刀と仕太刀の両方を覚えておく必要があります。姿勢や基礎をしっかり身につけることができているかを判断するために稽古をビデオで撮影してチェックしてみるのも有効な練習でしょう。最近の段位取得試験では剣道形を重視する傾向があるようなので、細かいポイントまでチェックして、きちんと練習して体に覚え込ませるようにしましょう。

初段試験では筆記審査も大切

剣道初段の筆記試験は論文問題が2問出題されます。各都道府県の剣道連盟が問題集を発売しているのでそれをしっかり勉強するといいでしょう。道場に通っていれば、先生に出題のポイントなどを聞いてみるのもいいでしょう。筆記試験については過去の問題をチェックしておけばある程度問題の予想はできます。せっかくの取得試験も筆記試験で落としてしまうのは、日ごろの練習を考えると、非常にもったいないことになるのでおざなりにすることなくしっかり勉強するようにしましょう。

剣道初段の実技の合格基準は?

剣道初段の筆記試験は論文問題が2問出題されます。各都道府県の剣道連盟が問題集を発売しているのでそれをしっかり勉強するといいでしょう。道場に通っていれば、先生に出題のポイントなどを聞いてみるのもいいでしょう。筆記試験については過去の問題をチェックしておけばある程度問題の予想はできます。せっかくの取得試験も筆記試験で落としてしまうのは、日ごろの練習を考えると、非常にもったいないことになるのでおざなりにすることなくしっかり勉強するようにしましょう。試験の形式は昇段試験の前に問題が配られるので、試験当日までに書いた回答を持っていくという方式が多いようです。初段の例題としては「どんな理由で剣道を始めたのか」や「竹刀を図示し、各部の名称を書け」といったものがあります。

剣道初段の試験について

剣道の初段の試験は1級を所持し、満13歳以上の人が受験できます。試験内容は実技、形の試験です。合格基準ははっきりこうだ、というものではなくあいまいな部分も多いのですが、それぞれ基本的なことをちゃんと練習して確実に身につけておくことが大切です。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます