日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

屋形船を天満橋で楽しむ

屋形船は非常に歴史が古く日本最古の歌集である万葉集にも詠われているほどです。
平安時代には貴族にも愛されており、江戸時代になると大名や武家も楽しんでいました。
現在では大型屋形船もあり、エアコンも設置されてカラオケもあり、快適に楽しむ事が出来ます。
忘年会や新年会、サークルの飲み会でもコンパでもちょっと高級に遊びたいと思ったら選択してみてはどうでしょう。
大阪天満橋にも八軒屋浜船着場があります。では、天満橋の屋形船の見どころは何処に有るのでしょうか。屋形船大喜丸さんのコースで紹介してみます。

大川遊覧2時間コース

八軒屋浜船着場→天満橋→大阪城、銀橋→源八橋→都島橋→毛馬の洗堰でUターン→右手に帝国ホテルと造幣局を眺めながら南下→中ノ島 剣先公園→大噴水の真横→天神橋→難波橋→大阪市中央公会堂→八軒家浜船着場まで戻るまでのコースです。

見どころが一杯!

天満橋や、天神橋、難波橋は、浪花3大橋とも呼ばれている立派な橋です。天満橋から毛馬の洗堰までには毛馬桜ノ宮公園という川沿いの公園があり、プロムナードには大阪一と呼ばれる桜並木等を屋形船から見物出来ます。
桜以外にも、大阪の重要文化財に指定されているような歴史的建造物等を眺める事が出来ます。夏になれば納涼船、秋には美しい月を眺めながら、冬も船内で鍋をつついてお酒を飲みつつどんちゃん騒ぎが出来ます。

他の屋形船もそれぞれ楽しめるプランが用意されていますので、好みや年齢別、性別や目的などにより、自分達の好みのプランに合っている屋形船を選んで楽しまれてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます