日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ラフティング 服装 【春・秋編】

ラフティングは夏だけではなく、他の季節でも楽しめるアウトドアスポーツです。今回は、春と秋に楽しむラフティングの服装についてご紹介します。

持参して行くもの

季節を問わず必需品なのは、水着とタオル、替えの下着、着替え、濡れた衣類を入れるビニール袋です。水着はウェットスーツの下に着ます。水着の代わりにTシャツと短パンを着ても大丈夫です。ただ、この場合のTシャツは、速乾性のいい科学繊維のもをおススメします。綿製品のものは、水分を吸収し体温の低下につながっていまいます。タオルはラフティングコースの終了後に着替えや、入浴に必要です。

寒い日のインナーは長そでで

春秋の気温が低い時期は、水着の上にウェットスーツやパドリングジャケット(カッパのようなもの)を着用します。水着の代わりにジャージやスエットなどの長そでの上下を着てから、ドライスーツを着ることもできます。この場合、ジーンズは濡れると重たくなるので、避けた方が良いです。

レンタルできるもの

ライフジャケット、ヘルメット、川専用のリバーシューズ、これはかかとが固定できないクロックスやビーチサンダルは不可です。そしてウェットスーツのロングとその上着、少し涼しい時期ですとスプレージャケットを着て完成です。寒さ対策はバッチリですので、安心してラフティングができます。

メイクはウォータープルーフでバッチリ

ラフティングはボートで川を下るだけではなく、時には川に入って水遊びをします。そのため、 化粧品はウォータープルーフが絶対おススメです。また川は水の照り返しがあるため、実は 陸上よりも焼けるので日焼け対策は万全に。こちらも水に強いタイプを使いましょう。

少し肌寒い春と秋でもこのようにラフティングをしっかりエンジョイできます。装備をきちんとして、エキサイティングな川下りを楽しみましょう。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます