日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

花見に最適な時期は?〜近畿編〜

花見の名所は、日本各地にあります。
今回は、関西のお花見スポットランキング上位3つと見頃な時期をまとめました。

1位 醍醐寺(京都府)

3月下旬から4月上旬に見頃と予想されます。
「花の醍醐」といわれるくらい桜の花で有名な醍醐寺です。ここでは、枝垂れ桜、ソメイヨシノ、山桜、八重桜などが咲き誇っています。桜祭りも行われています。

2位 吉野山(奈良県)

4月上旬から4月中旬までが見頃と予想されます。
日本を代表する桜といえば、ソメイヨシノですが、江戸時代末期に江戸染井村から「吉野桜」として出荷されたことからも、名所になっています。入場無料です。夜桜名所にもなっています。

3位 淀川河川公園背割堤地区(京都)

4月上旬が見頃と予想されます。桜祭りも行われています。約250本のソメイヨシノが桜並木を作っています。一番の見所としては、桜並木のトンネルを散策しながら、大自然の眺望を楽しむことができます。

まとめ

ウェザーマップによれば、桜の開花において、重要なポイントは今後の気温です。寒暖が繰り返されていますが、3月に入ると寒の戻りが予測されるそうです。今年の桜の開花は平年並みと予測されています。

桜の満開の時期にお花見に行くのは、タイミングが大切だと思います。桜は蕾から花びらが散る桜吹雪まで期間は短いけれど、その期間、いつ見てもその美しさに魅了されます。寒い冬を乗り越えてきたからこそ、美しい花を咲かせる桜は、その強さに励まされます。今年も頑張るぞと思わせてくれます。毎年、桜が満開になる時期が楽しみですね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます