日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

多摩川花火大会の場所取りと混雑時間

多摩川花火大会は多摩川を挟んで世田谷サイドと川崎サイドの二カ所同時に打ち上げられる花火を楽しむ事ができます。世田谷・川崎サイドともそれぞれ6000発、世田谷サイドで38万人、川崎サイドで15万人の人出が見込まれるため最寄り駅も大混乱必定ということですね。今回は世田谷サイドの場所取りと混雑時間について述べてみます。

会場概要

会場:世田谷区立二子玉川緑地運動場
最寄り駅:東急田園都市線二子玉川駅
開催時間:19:00〜20:00

行きの移動の混雑時間

18:00頃まではまだ比較的余裕がありますが、
18:00をまわる頃になると徐々に混み始め、駅から会場に向かう道はかなりのろのろ歩きを強いられるようになります。開始直前になると一層混雑が激しくなり、駅から近い会場への入り口から相次いで入場制限がかけられ、上流方面に移動しないと会場に入れない状況になります。

会場へは遅くとも18:00前に到着しておくのが賢明です。

帰りの混雑時間

帰りは花火が20:00に終了し、30数万人が一斉に引き上げるので想像を絶する混雑ぶりが展開されます。
一番近い二子玉川駅まで1〜2時間要します。しかし、駅に辿り着いてもホームは大混乱、そこから電車に乗るのにまた数十分かかる場合があります。
どうせ時間をかけるなら隣の用賀駅まで徒歩20〜30分、小田急線成城学園駅まで徒歩40〜50分なので急がば回れを決め込んで歩くのが得策かも知れません。
また特設ステージで演奏される和太鼓の演奏を楽しんで混雑を避けるという方法もあります。

会場の場所取り

会場の場所取りに関してはロープで囲う等はOKですが一人90cm四方を目安にし、その場に誰か必ずいる事、杭や石を使わない事、ビニールシートは芝生保護のため15:00以降とすること、となっています。17:00くらいまでなら比較的空いているようです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます