日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ツーリングで気をつけたいよくある事故

バイクツーリングは、景色を楽しんだり風を感じれたりととても楽しいものです。しかし、少しの油断から大きな事故を起こし楽しいツーリングが一変してしまうこともあります。

そうならないためにもバイクに多い事故とバイクの特性を知りましょう。

交差点での事故

バイクは視野が広く、よく確認しているから大丈夫だと思っていませんか?実は交差点でのバイク事故の多くは、第2当事者であることが多いのです。では、どのような事故が起こっているのでしょうか?

それは右直事故です。右直事故といわれてもぴんとこない方が多いと思います。右直事故とは、交差点を直進しようとしているときに対向車が自分に気づかず右折し起きる事故です。なぜこのような事故が起きてしまうのでしょうか。

それは、バイクの大きさが小さいという特性からです。小さいがゆえに隣を走る車の陰に隠れてしまったり対向車の死角であるピラーの死角等に隠れてしまうのです。そのせいで、車が自分に気づかずに右折してきてしまい、事故に至ってしまうのです。それを防ぐためにも、自分から死角に入らないようにする事と、もしかしたら自分は見られていないかもしれないと予測しながら走ることが大切です。

カーブでの事故

バイクでコーナーをスピードを感じながら曲がるのも、バイクならではの感覚でとても魅力的です。しかし、そのカーブでの事故が多いのも事実です。カーブではやはり単独での事故が多いのです。

それは何故か。皆さんお分かりだと思いますが、オーバースピードでカーブに入ってしまうからです。バイクは曲がるときに、車とは違い体をバンクさせることにより曲がります。ただハンドルを切ればいい車とは違い、自分の技量によって曲がれるスピードも変わってきます。カーブでの事故は自分の技量への過信によって起こることが多いのです。また、バイクは二輪車なので路面状態に左右されやすい乗り物です。路面状態を正しく読むことも、事故を防ぐために必要になってきます。

まとめ

バイクは車と違い、二輪車の特性で私たちを楽しませてくれます。しかし、その特性の楽しい部分だけではなく危険な部分を知っておかなければ、大きな事故に繋がってしまいます。ツーリングを悲しい思い出にしてしまわないよう、バイクの特性を正しく理解し安全なツーリングを楽しみましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます