日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

適正がよくわからない!カラオケのマイクの音量

カラオケのマイクの音量には個人差が有ります。音量を絞って小さくしている人も居ますが、大きくしている人も居て様々です。目的によっても変える事が有ります。マイク音量の適性についてご説明します。

目的によって違う

Karaoke at Shibuya
photo by Stéfan

ストレス解消などで大声を出したい人は、音量を大きくします。一方、歌そのものが好きで歌っている人は、小さい音量で歌う場合が多いです。

マイクの音量とミュージックの音量

Judith and Natalie's Wedding Karaoke
photo by Schezar
カラオケの練習をする場合は、マイクの音量は小さくすることがおすすめです。カラオケの練習では、自分の歌声とミュージックを両方聴かなければなりません。マイクの音量を上げ過ぎるとミュージックが聴き辛くなります。カラオケそのものでは、そもそも大声を出す必要はありません。ストレス解消のためだけなら話は別ですが。

カラオケの練習

Judith and Natalie's Wedding Karaoke
photo by Schezar

歌の練習をしていれば、次第に声量が上がっていきます。従って、マイクの音量はどちらかと言うと小さ目のほうがおすすめです。マイクの音量とミュージックの音量のバランスを自分に適したものを見つけることが大切です。ミュージックの音量があまり大きいと、自然に声も大きくしがちになりますので、ミュージックの音量は小さ目で練習する方が適しています。

まとめ

Judith and Natalie's Wedding Karaoke
photo by Schezar

カラオケのマイクの音量は、ミュージックの音量とのバランス感覚が大切です。機種によっても違いますが、両方とも10~15くらいがおすすめです。また、そのくらいから始めて、自分の声・マイク・ミュージックが自分に合ったバランスの良い音量を見付けましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます