日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

行ってよかった東京都の花火大会厳選3選

隅田川花火大会

日本の花火の代名詞ともなっている「隅田川花火大会」会場は2ヵ所に分かれており、花火コンクールが行われるのが第一会場です。両国ゆかりの業者7社と国内で優秀な成績を収めた3社、合計10社がその技術を競います。ここではさまざまな芸術作品までに洗練された花火が鑑賞できます。第二会場はうって変わって、迫力のスターマインのなど1万500発が花開き、「たまや」「かぎや」の掛け声とともに、これぞ日本の夏をたくさんの人が満喫します。

●交通:東武鉄道・東京メトロ・都営地下鉄浅草駅徒歩15分(第一会場)、東武鉄道・東京メトロ・都営地下鉄浅草駅または都営地下鉄蔵前駅徒歩5分(第二会場)駐車場無

東京湾大華火祭

打ち上げ総数約1万2000発。隅田川の花火大会に対抗するようにした始められた東京湾大華火祭も東京湾の夏の風物詩としてすっかり定着したようです。毎年趣向を凝らした芸術作品を見たくて大勢の人がつめかけます。10発の尺5寸玉と100発の尺玉はプログラムの中でもひときわ盛り上がる名物。晴海の会場はすべて入場整理券または協賛招待券が必要となるので注意が必要です。たくさんの人が集中するため。地下鉄駅構内での待ち合わせはほとんど不可能と考えていいでしょう。都会での花火大会ですから、くれぐれも人の波には注意してください。

●交通:交通都営地下鉄勝どき駅A3出口から徒歩15分。東京メトロ月島駅徒歩20分。JR越中島駅徒歩30分。東京メトロ豊洲駅徒歩30分。都営地下鉄東銀座駅徒歩30分 駐車場無

神宮外苑花火大会

今年で36回目を迎える神宮外苑花火大会。ここの花火大会の最大の特徴は都会らしく花火だけでなく、数々の大物アーティストのライブが同時に楽しめるということです。過去にはサザンなどの大物アーティスト、今を時めく歌手などが神宮外苑花火大会に合わせてライブを盛り上げています。打ち上げ数1万ですが。来場者数が毎年100万人というのも都会ならでは花火大会といったもいいでしょう。

●交通:R千駄ヶ谷駅または信濃町駅徒歩5~10分。東京メトロ外苑前駅または青山1丁目駅または表参道駅徒歩5~10分。都営地下鉄国立競技場駅徒歩5~10分。駐車場無

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます