日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

同窓会でウケること間違いなし!面白い話3選

同窓会でウケること間違いなし!面白い話3選

皆さんは同窓会で緊張している人を見かけたことはありますか?

普段大人数のパーティに行く経験が少ない人はとても緊張すると思います。

そんな人たちのほぐれとなるのが面白い話です。

この記事では面白い話の例を三つ出すととともに作成のコツも一緒にご紹介します!

面白い話を作るコツは?

そもそも、面白い話をつくるにはどのようにしたらいいのか迷う人もいると思います。

万人受けする話にしたいときには同窓会の参加者が共通できる話題にすることがいいでしょう。

たとえば、特定の人物が関与する話ではその人の性格を知っている人は面白いと感じてくれますが、

その人を全く知らない場合では共感を覚えられずに滑ってしまう危険性が高いです。

名前を上げることができない赤の他人や、動物に関する話題がおすすめです。

また、人間は想像外のことが起こると気持とのギャップが起きて笑ってしまいます。

怖い話にみせかけ、実は何にもない、面白い話だった・・・などがその一例です。

 

この説明だけではわからない、といった方向けに例として3つの面白い(?)話を作ってみました。

参考にしていただければ幸いです。(この話はすべてフィクションです)

例1. ケーキ屋さんで…

これは娘の誕生日ケーキを買いに行ったときの話です。

大人の私には最近の子どもの喜ぶケーキがどのようなものかが全くわかりませんでした。

そこで、誰かがケーキをオーダーするまで待ってそれを参考にして買おうと思いました。

すると早速一人のスーツを着たお父さんらしき男性が注文を取り始めました。

「チーズケーキを一つください」。しかし、店員は不思議そうに首を傾けていました。

チーズケーキはこの店にあったのになぜ・・・とその行為に疑問を抱いていると、店員がひとこと言いました。

「お客様、当店にちくぜん炊きはございません」

例2. ドライブで…

これは友人とドライブに行ったときの話です。

カーナビは壊れて修理に出していたので目的地までは私が地図を見て友人に指示。ものすごく大変でした。

でも、途中からしばらく道なりだったので、気分を盛り上げようと車内で音楽を流し始めました。

すると音楽に気を取られて指示のことなどすっかり忘れ、途中で曲がる道を通り越してしまったのです。

気付いたわたしは、急いで友人に「止めて!!」と叫びました。

その時、なんと友人は大慌てで車ではなく音楽を止めました。

例3. 男の子…

これは友人から聞いた話・・・。

ある年も若かった女性が不意な妊娠をしてしまった。

子供を育てられない彼女が取った行動は、子供をバレないように産んで捨てる、というものだった。

捨て場所は駅のコインロッカーを利用することにした。

赤ちゃんに対する謝罪の思いがありながらも、コインロッカーに産まれて間もない赤ちゃんを放置し、立ち去った。

数年後、残業後の深夜にふとそのロッカーの前を通ったとき、前でまだ小さい男の子が泣いているのをみかけた。

コインロッカーの赤ちゃんのことを思い出した彼女はドキッとして、

せめてこの男の子のためにでもなれば・・・と思い、話しかけてみた。

「どうしたの僕?迷子になっちゃったの?」

男の子は泣いていて答えない。

「お父さんはどこなの?」

すると、男の子は声を振り絞って言った。

「お父さんはね、いないの・・・」

「じゃあ・・・お母さんは?」

すると男の子はピタッと泣き止んで、彼女を見ながら答えた。

「元気ですかーーッ」

終わりに

いかがでしたか?この記事を読んで

同窓会のお役にたてていただければ幸いです。

スベリを恐れずガンガン自信を持って話してみましょう!!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

同窓会カテゴリ

おすすめカテゴリ

おすすめサービス

調整さんをフォローする

人気記事ランキング