日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ソフトボールの投げ方のコツ

ソフトボールの投げ方のコツ

ソフトボールは通常の野球ボールとサイズが違い投げにくいですよね。ピッチャーが投げるコツを掴むには基本をしっかり覚える事が大切です。今回はソフトボールの投げ方についてご紹介します。

基本を覚え、コツを掴みキレのあるボールを投げる為の参考にして下さい。

ピッチングの基本

投球前の構え方は軸足の膝を軽く曲げておき次の動きをスムーズに行えるようにします。投げる時のステップは真っ直ぐキャッチャーに向けて踏み込みます。コントロールを良くする為に大切な事は、投球動作開始から投げ終わるまでキャッチャーミットをしっかり見続ける事です。

また、ピッチングの際は腕の力だけで投げようとせず、下半身含め全身で投げる事が大切です。上半身が先に動いてしまう投げ方だと腰が入らず下半身の力が伝わらない為スピードのあるボールが投げられず、コントロールもつけづらくなります。ピッチングで重要な事は上半身と下半身の動きを連携させ、足のステップと腕の振りのバランスを取る事です。

ボールにキレとスピードを持たせるには投げる際腕全体を鞭のようにしならせて素早く腕を振ります。ボールを投げる瞬間にスナップを効かせるとボールのキレが良くなります。腕は肩・肘・手首・ボールの順に回転し、投げる腕が腰に当たる直前で手首を外側に向けます。この時ボールが遅れて出る程スナップ効果が大きくなります。

ステップの基本

ピッチングの際利き腕と反対側の足をキャッチャーに向かって踏み込みます。この踏み込みをステップと言い、ステップの位置はキャッチャーに対して真っ直ぐが基本です。

ステップする足の幅は無理に広げたり狭めたりせず、つま先はキャッチャーに対して真正面か少し内側に向けます。ステップと体重移動により力をボールに乗せる事でキレのあるボールになります。正面にステップする事で体重移動がしやすく、スピードのあるボールが投げやすくなります。

ストレートの基本

ストレートを投げる時は3本または4本の指で握ります。握り方は人差し指と中指をV字型に開き、指先の腹をボールの縫い目にしっかりつけ、親指はその下反対側を挟むように握ります。大切なポイントは指を縫い目にかける様にボールを握る事です。

そうする事でピッチングの際スナップを効かせやすくなります。手の平とボールの間を少し開け、浅く軽く握るようにします。強く握ると手首が固くなりスナップが効かせづらくなります。

まとめ

いかがでしたか。今回はソフトボールを投げる際の体の使い方の基本とストレートを投げる際の基本を説明して来ました。他の投げ方にもそれぞれ違ったコツがありますが基本が大切だという事に違いはありません。

基本を大切に練習を重ねて下さいね。

ソフトボールカテゴリ

おすすめカテゴリ

おすすめサービス

調整さんをフォローする