日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ソフトボールの正しい打ち方とバッティング技術を上げるトレーニング法とは

ソフトボールの正しい打ち方とバッティング技術を上げるトレーニング法とは

ソフトボールの正しい打ち方とバッティング技術を上げるトレーニング法とは

ソフトボールの楽しさといえばバッティングですね。

初心者のころはバットにボールが当たるだけで嬉しいものです。
打ったボールがヒットになれば嬉しさは倍増です。
バッティング技術を上げたい一心で闇雲にバットを振り回しても技術アップには、つながりません。

基本をしっかり押さえた上でトレーニングすることで打率はおのずとついてきます。
ここではソフトボールの打ち方の基本と技術を上げるトレーニング方法について、ご紹介したいと思います。

バッティングの基本の構え方

構え方は個人差があり、この構え方が正しいというものはありませんが
その中にも押さえておきたい基本はあります。

そのフォームを身に着けてから自分流に応用していくことが大切です。

打率が高い選手も構え方は様々違いますが、共通点は
無駄な力が入っていないということです。

力むと球に対してとっさに判断してバットを振ることができないからです。

次に構え方についてですが
あごは引いて、顔と前の肩はピッチャーに正対するように向けて
肩の力は抜きます。猫背にならないようにまっすぐ背筋を伸ばしましょう。
あくまでも力を抜いた自然な構えを意識します。
最後にスタンスについてです。

スタンスは自分の肩幅よりやや広めが基本で、
足の向きはクロススタンス、オープンスタンス、スクウェアどれでも
問題ありませんが、まずはスクウェア(平行)から始めましょう。
膝は軽く曲げて構えます。この時ステップがしやすいように重心が均等になるように心がけ

曲げる角度は自分にとってすぐに始動できる角度を見つけ出してください。

基本のスウィング

バットを構えるときはなるべくバットを立てましょう。

浮き上がるボール(ライズボール)に対応するためです。

そしてピッチャーのフォームに合わせて始動していきタイミングをとっていきます。
ソフトボールはピッチャーマウンドからホームベースまでの距離が短く、
ゆっくりと引き付ける動作をいれると振り遅れてしまいますので、
すり足で引き付けるようにし目線をぶらさないように踏み込みましょう。

そしてインパクトの瞬間に力をいれてボールをのせるイメージでスウィングしましょう。

打ち方上達のためのトレーニング法

バッティング上達に欠かせないのは素振りです。

自分の素振りを鏡やガラス越しなど自分が映るもので確認しましょう。

ヘッドは下がってないか、大振りしていないかなど
視察するとより効果が得られます。

毎日何回と決めてこつこつ取り組みましょう。

またバットを振るときはくれぐれも周囲に注意する習慣をつけましょう。
素振り練習が終われば、ティーバッティング、トスバッティング、ロングティーと基本練習をこなしていきます。
その中でも選球眼を養い、タイミングをとる練習に最適なトレーニングがフリーバッティングです。

この練習はチーム練習の限られた時間で自分ばかりするわけにはいかないため、思うような時間がとりにくいものです。

近くにバッティングセンターがあればうまく活用すれば
自分のスキルアップが期待できますね。

さいごに

ソフトボールのバッティングがうまくなりたいからといっても
すぐに上達するものではありません。

どんなスポーツでもそうですが毎日こつこ積み上げていくことが大切です。

人よりうまくなりたいなら、人と同じ練習量では超えることができません。

人より多くボールに触れ、人より多くバットを振りましょう。

そうすれば必ず結果はついてくるものです。頑張りましょう!!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

ソフトボールカテゴリ

おすすめカテゴリ

おすすめサービス

調整さんをフォローする

人気記事ランキング