日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

社会人の懇親会マナー

懇親会での振る舞いは、会合の後の職場関係にも響いてくるものです。慣れた職場のみでの懇親会であったとしても、最低限のマナーに則った行動を心がけることは、自分の評価を上げる助けにもなるはずです。社会人としての懇親会のマナーとは、どんなものがあるのでしょうか。

社会人として

ビジネスでも同じことが言えますが、懇親会への出席を決めたのならば、時間は厳守ですので、会場へは早めに到着しておきましょう。止むを得ず欠席や遅れてしまう場合には、事前に幹事の方への連絡や断りの返信をしておきましょう。
会場に入って次に考えるべきは、自分はどこに座るべきか、ということです。幹事の方からの指示がある場合はそれに従い、指定の席へ座ります。上司に隣を勧められた場合なども、躊躇(ためら)わずに指示に従いましょう。そして、出入り口側から見て、会場の一番奥に最も地位の高い人が座り、二番手と三番手はそれぞれ右側と左側に座ります。序列が低い人は、すぐに立ち上がって注文取り等をこなせるように出入り口付近に座ることになります。そして、こういう場での「無礼講」という言葉は、年齢や席次のルールを気にすることなく着席し、歓談するという意味になります。序列が低い人でも、普段話すことが出来ない方たちとの親睦を深めてもらいたいという配慮といえます。決して、言葉遣いを乱暴なものにしたり、不満をぶつけても良い訳ではありません。

お酒のマナー

乾杯時には、自分のグラスは目上の人のグラスよりも下にしなくてはならず、必ず目上の人がお酒に手をつけてから飲むようにしましょう。お酌の場合にも周りを気にかけて、グラスが空になる前に一言断りをいれて、同じ種類のお酒を注いでいきましょう。ビールの場合はラベルを上にして、手のひらがビンの下に来るようにし、もう片方の手で支えて注ぎます。日本酒の場合は片手で注ぐのが一般的ですが、女性の場合は片手を軽く添えて注ぐと優雅になります。そして、逆にお酌を受ける場合は、グラスの中を空にしてから受けるのがマナーとなります。飲む時も一言断りを入れてから飲むと良いでしょう。お酌を断る場合は、十分に飲んでいますと断りをいれつつ、グラスの上に手を差し出してみましょう。お酒が苦手な人でも、乾杯時だけは、一口だけでも口をつけておきましょう。

終わりに

会費の設定や割り勘ではない場合は、幹事の方などに財布を取り出して、いくら払えば良いかを尋ねてみるなど、上司が「まかせろ」と言わない限りは支払うスタンスでいましょう。また、後日一緒だった人に会った場合は、軽く挨拶するのもマナーになります。そして、懇親会は親睦を深め合う為に開かれる会合だ、ということを忘れてはいけません。最低限のマナーも必要ですが、一番大事なのは会合自体を楽しむことと、集まった人たちとのコミュニケーションが大切になります。積極的に周りの人に声をかけていくなら、人間関係も良くなり、仕事もしやすくなるはずです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます