日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

スノーボードの練習をしよう!初心者でもできる練習方法

まず、リフトに乗る前にやっておきたいことがあります。

ビンディングを装着する時に、効き足ではない後ろの側になる足にはビンディングを着けません。
次に、装着していない足で軽く蹴り込み滑り出したら直ぐに足をビンディングの前のボードの上に乗せます。まず、バランスを感覚をつかむため何度も練習をしましょう。
https://www.youtube.com/watch?v=nzNEjYCyuHE

ターンを始める前にまっすぐ滑る練習を!

長い距離から始める前に、ボードを持って緩やかなゲレンデを歩いて上って行きましょう。
ビンディングを着けたら、軽く膝を曲げ、膝がバネの役割になるように力を抜きます。
大切なのが、目線です。下を向いていると転びやすく、他の人と衝突してしまいますので目線は
行きたい方向に目線を向け滑ります。

 ゲレンデに出たら斜め横にスケーティング

ゲレンデを目の前にしてまっすぐ立ち、足を軽くかがとの方に体重をのせて立っていられるようにバランスをとりましょう。
次に下に向かって進むのでは無く、思いっきり左斜めに進む事(フロントサイド)を意識します。スピードが無く進まないら少し左足(グーフィーの人は右足)のボードを少し斜め前に出します。滑り出したら目線を滑る方向に向け、膝を軽く曲げます。上半身は進む方向に少し向けましょう。次は目線が山側を向く(バックサイド)で滑る時です。右斜めに進みますが、ターンの時ボードを斜面に対して垂直にしていきながら、かがとを浮かせつま先の方に体重をかけ右足(グーフィーの人は左足)を後ろに蹴り込む感じを意識します。このときつま先に体重がかかりすぎたり、ある程度スーピドがないと倒れるので先程度同じく、左足のボードを斜め前に少し出しまがらスピードを出し、目線や体の向き方も同じです。大きくターンをすることで安定性の良い基本の滑りをマスターしましょう。

足の体重のかけかたは、フロントサイドの時はかがと、バックサドの時はつま先に体重をかける事。
フロントサイドからバックイサドのターンの時は右足(グーフィーの人は左足)を後ろに蹴り込む感じで、どちらのターンの時もボード斜面に対して垂直にしてから、かかと、またはつま先の方に体重をかける事。膝は軽く曲げガチガチに力は入れず、バネのようにクッションの役割である事を意識してスケーティングしましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます