日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

大掃除の手順 〜窓編〜

大掃除の時に手を付けやすいのが窓ですね。窓をピッカピカにすると、部屋が明るくなった!と感じますし、気分も爽やかです。でもそんな風に「ピッカピカ」にするには手順があります。今回はその手順をご紹介します。

汚れの原因

窓ガラスの外側の汚れは、主に風で運ばれた砂や土、黄砂です。
触るとザラザラとした汚れが指につきます。
内側の汚れは埃や手垢の他に、料理の時に出る油を含んだ水蒸気が付着したものです。
こちらは触っただけではわからない汚れです。

窓掃除の手順

【用意するもの】
・タオル(使い古しで大丈夫です)2枚・・・洗剤拭きと水拭き用  
・きれいなタオル 1枚・・・仕上げ拭き用
・洗剤(ガラスクリーナー)

1.洗剤拭き
洗剤拭き用タオルを水で濡らして絞ります。そこに洗剤をまんべんなくつけて、窓全体をを拭きます。これで、窓についた汚れを浮かせます。

ポイント:洗剤を直接窓にスプレーすると液だれが起こり、ムラの原因になります。洗剤は必ずタオルにつけましょう。

2.水拭き
水拭き用タオルを水で濡らし、よく絞ります。そして洗剤を丁寧に拭き取っていきます。汚れた面をこまめに変えて、きれいな面で拭きます。

ポイント:洗剤が乾かないうちに素早く拭き上げます。乾いてしまうと、せっかく浮かせた汚れがまたこびりついてしまいます。

3.仕上げ拭き
最後にきれいなタオルで、ガラスに残った水分を拭き上げます。窓の淵に沿って、上から下へコの字型で進むとキレイに拭き取れます。

ポイント:マクロファイバーを使うと、さらにキレイに仕上がります。

その他の注意点

網戸やカーテンの汚れは窓にも移ります。余裕があれば、網戸やカーテンのお掃除を先にすることをお勧めします。
窓をピカピカにして、明るい日差しをお部屋に取り入れましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます