日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

マラソンを楽に走るコツは2つ!

42.195kmという長い距離を走るのがマラソンです。楽に走るコツは、歩幅と着地の2つです。
歩幅はなるべく小さく、着地は短く、これが体への負担を小さくして楽にマラソンを走るコツです。

マラソンを楽に走るコツは2つ!

マラソンを楽に走るにはフォームを正しく

マラソンは長距離を走る競技ですから、最後まで体力を保ちながら負担を軽くするようなフォームで走ることが大切です。
正しいランニングフォームは疲労を抑えて楽にゴールまで走りきる体力を温存する助けにもなります。
疲れないという事はマラソンではとても大事な要素で、筋肉疲労を最小限にできる方法です。

マラソンのコツは2つだけ

疲労を少なく、筋肉や体への負担を小さくするようなフォームが楽に走るコツです。
特に難しい事ではなく、歩幅を小さく、着地の時間をできるだけ短くするという2点だけです。
歩幅は小さいほうが脚の筋肉への負担を小さくできます。
着地の時間は、短いほど足への衝撃を軽減できますから結果として疲労を軽減します。

出走前には適切な準備運動を

レースの前には充分な時間を取って筋肉に少しずつ刺激を与えて温めましょう。
ここで大切な事は、ウォームアップは時間をかけてしっかりやる、という事です。
急に激しい運動をしたり、負荷をかけると筋肉の故障の原因になります。
時間をかけて筋肉に刺激を与え、良いパフォーマンスが出せるようにウォームアップします。

マラソンのコツをおさえて入念な準備運動

マラソンを走る前にはしっかり時間をかけて準備運動をしましょう。
腕や脚など、体全体の筋肉に刺激をあたえていきます。
走る時は歩幅は小さく、着地は短くして筋肉疲労を少なくします。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます