日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

マラソンのタイムを伸ばす鍵は体重!

空前のマラソンブームですが、タイムが伸びないと悩んでいる初心者はとても多いです。
意外と気づかないのが体重です。42.195㎞を走る体重を支えるのは足です。
当然、体重は軽いほうが足への負担が少ないわけです。

マラソンのタイムを伸ばす鍵は体重!

マラソン選手は体脂肪率が低い!

この数年マラソンブームでランナーが増えています。健康にも走る事はメリットが多いので走る人が多いのですが、膝の故障で断念する人もまた多いのが現実です。
なぜ膝を痛めるのか、理由は大まかに2つです。ランニングフォームの問題か体重の問題です。
ランニングフォームについてはコーチについて指導を受けると効率よく安全なフォームの指導を受けられます。
体重については、足への負担を考えると軽いほうが足への負担が少なく、タイムにもそれは比例してきます。

タイムと体脂肪率の関係

一流のマラソン選手は皆痩せ形で体脂肪率がとても低いです。
理由は、最後まで足への負担が少なく走るためにはそういう体型が必要だからです。
体脂肪率が低いということは、筋肉量が多いという事です。
パワーは筋肉によって作られます。マラソンに重要な筋肉をしっかり鍛えて、いらない体脂肪は減らしていくようにトレーニングして行きましょう。
体脂肪率とタイムは密接な関係があります。

タイムを意識した練習法

走るという運動は脂肪燃焼にはとても効果的な運動です。
走ることを考えた体脂肪率は色々な考え方がありますが、一般的には男女共10%以下です。
特に女性の場合、思春期には体脂肪が増える傾向があるので、この時期にタイムが下がってしまう人も多いです。
正しいランニングフォームと適切な体脂肪率と筋肉量、この3つの要素がマラソンタイムには大きく関係をしてきます。

体脂肪率は練習で減らす

体脂肪率を減らすには走ることが効率的です。
元々ランナーは走るトレーニングをしていますが、正しいランニングフォームをおぼえましょう。
次に、大腿部の筋肉を鍛えましょう。筋肉量が上がると脂肪が減っていきます。
足への負担軽減と長距離を走る持久力を筋肉がつけてくれます。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます