日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

イベントプランナーはどんなお仕事?

イベントに参加した人の中には、感動したり元気をもらったりします。そのイベントを企画するのがイベントプランナーという職業です。イベントプランナーを目指したい人は必見です。

イベントプランナーはどんなお仕事?

イベントプランナーの仕事内容は?

イベントプランナーの仕事内容は、フェスティバルやコンサート、また地域のイベントや企業のイベントを企画し運営する職業です。イベントを成功に導く為にクライアントと入念に打ち合わせをしたり、現地視察、情報収集し広告やインターネットを使ってイベントの告知、宣伝をします。

イベントプランナーになる方法

多くのイベントプランナーは広告代理店やイベントの企画会社に勤めています。なので大学や短大を経てそれぞれの会社に就職するのが最短ではあります。音楽系のイベントに興味があれば音楽専門学校やブライダルならブライダル専門学校と専門知識があるとその分野で有利になります。

イベントプランナーの気になる給料は?

実際のところ、就職した会社により給料に差があります。大手の会社ですと30代で年収1000万円という例もありますが、平均だと300万円から500万円くらいになります。また経験を積んで独立し自身でイベント会社を設立すれば、イベントが成功した分、報酬はあがります。

イベントプランナーの具体的な役割

イベントプランナーはただイベントを無事に盛況に行えば良いだけではありません。イベントの目的はクライアントにもより異なりますが、商品紹介であったり、町おこしや、経済の活性化などあります。中にはみんなを勇気づける為の感動イベントもあります。こうしたイベントを効果的に宣伝し魅力あるイベントにする為に企画を立てイベントを成功に導く大事な役割です。

イベントプランナーならではの魅力

イベントプランナーの魅力は良くも悪くも、思い描いた企画が形にできるのが魅力です。イベントとは多くの人に来てもらい、感動してもらい目標に向かって大勢の人を巻き込みながら形を作って行くのでリーダーシップも必要になります。企画からイベント終了までさまざまな困難がありますが、達成感は相当なものになります。

イベントプランナーでスキルアップ

最初は小さなイベントから始まり、日を追うごとに様々な経験を経て自分独自のイベントに対する世界観が形成されていきます。イベントでは世の中の動きや興味関心をより多くの分野に向けなければいけません。小さなイベントの積み重ねの先に何万人、何十万人イベントを開催し、経験を積んで独立すれば、自分の名前で勝負できる日がくるかもしれません。

イベントプランナーの本質的なやりがい

イベントプランナーの人にアンケートを取ると、イベントプランナーのやりがいはの問いでは多くの人に感動を与える事とあります。イベントは商品でもなく会場の雰囲気でもなく人がありきです。イベントはイベントプランナーだけでできるものではなく、スタッフさんやクライアントとみんなで目標に向かい、感動を共有できる事にやりがいを見つけ、多くの人に感動を与えられる事にイベントプランナーの本質的な役割です。

自分の企画が成功すると

イベントの始まりは企画から始まり少しずつ形をなして、イベントの成功に繋げていきます。途中何度も山あり、谷ありで苦難な場面が待っていますが、イベントが成功しクライアントやイベントの来場者に褒められると、極上の幸福感が待っています。その幸福感を味わいたく、また苦難なイベントに挑戦しているうちに人として、イベントプランナーとして成長していきます。

イベントプランナーの辛いところは

イベントプランナーをしていると全てが順調に進んでいくわけではありません。初めは壁しかないような毎日課題がでてきます。企画からイベントまでの期間も余裕がある時もあれば急を急ぐ場合もあります。そのようなときでも冷静で各担当者と連絡をとり、総合的に俯瞰できるセンスが必要になります。イベントプランナーの聞こえはいいですが、本来は裏方の地味な作業です。

日々が勉強のイベントプランナー

イベントが成功してもそのイベントが完璧というのは存在しません。小さな事を見ると改善できる点や工夫できる点が見えてきます。そのちょっとしたポイントを気付き改善するためには、多くのイベントに足を運んだり、時代の流れやその時の流行など世の中を広く見る必要があります。

イベントプランナーの将来は

現在の日本では総合的に取り仕切るイベントプランナーは慢性的に不足しているといわれています。一部の有能なイベントプランナーに仕事が集中していることもあり、夢半ばでイベントプランナーを諦める人も大勢います。ですが、イベントも全国津々浦々いたるところで開催されています。小さなイベントからコツコツと努力するしか道は開けません。

一人前のイベントプランナー

イベントプランナーになっても初めはイベントに関われないかもしれません。経験が少なく事務作業の毎日かもしれません。ですが今の有能なイベントプランナーも地味な裏方作業を経験しコツコツと努力して自分のセンスを磨きいてきたからこそ今があります。経験を積めば、自分の名前で勝負できるのがイベントプランナーです。

イベントカテゴリ

おすすめカテゴリ

おすすめサービス

調整さんをフォローする