日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフの右肘はどのように使うといいの?初心者に贈るゴルフ右肘の使い方

ゴルフのスイングでどのように右肘を使ったら良いのか悩んでいませんか?今回はゴルフバック、そしてダウンスイングでどのように右肘を使ったらよいのかをお伝えします。右肘の使い方をマスターし豪快なスイングができるようにしませんか

ゴルフの右肘はどのように使うといいの?初心者に贈るゴルフ右肘の使い方

バックスイングの時の理想的な形

ボールを打つときにクラブを後ろの上方に大きく持ち上げることをバックスイングと言いますが、このパックスイングの時の右肘の使い方は非常に重要です。理想的なのは脇の上の部分はしっかりと締めて、右肘は少し開けるというスタイルです。少々きつい姿勢ですが、この形をマスターしましょう。

ダンススイングの時の右肘の使い方

バックスイングからダウンスイングへ切り返す時の右肘の使い方ですが、右肘とわき腹が触れるか触れないかの位置関係が大切だといわれています。どれほどの隙間が必要かと言いますと、ゴルフボール1個分と言われています。友人か家族にスイングの姿勢をしている時にゴルフボールを入れてもらい、すき間の感覚を身につけましょう。

良くないスイングで起きる結果

右肘がわき腹にくっついた状態でダウンスイングをするのは良くないスイングといえます。そう言える理由はくっついた状態でダウンスイングをすると窮屈なスイングとなってしまい、結果スムーズなスイングを行うことができないからです。

右肘とわき腹は少々開いた状態にする

スムーズなダウンスイングができないと当然飛距離に影響を及ぼします。スイングが遅い分、ボールは遠くに飛ぶことはありません。そうした事態を避けるためにもダウンスイング時にも右肘とわき腹はゴルフボール1個分開いた状態を保つことは大切です。

わき腹と右肘が開きすぎると?

反対に、わき腹と右肘が余りにも開きすぎるとどうなるのでしょうか。右ひじとわき腹が開きすぎると、スイングのコントロールがつかないために上手にボールを打つことができません。そのためダフリが起きることがあります。

なぜゴルフボール1個分のすき間を作る?

右肘とわき腹の位置をゴルフボール1個分に保つならば飛距離を十分に伸ばすことができます。体の回転もそうですし。右ひじの動きもスムーズにいくためです。それで常にゴルフボール1個分をあけることを思いに留めておくようにいたしましょう。

右肘の使い方を動画でマスターしよう

おそらく言葉で説明してもなかなかその距離の感覚を掴むのは難しいと思います。それでおすすめなのは ユーチューブなどの動画でスイングの方法を確認することです。ユーチューブ にはたくさん右肘の使い方についての動画がアップされています。参考にしてください。

飛距離を伸ばすことのできるスイングを

今回はゴルフの右肘の使い方について説明しました。初心者でも右肘の使い方をマスターすることによって飛距離を伸ばすことができるスイングができます。ぜひ右肘の使い方をマスターして気持よくゴルフを楽しみませんんか?

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます