日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

オシャレで寒くないスノーボードウェア

スノーボードに行ったことはありますか?スノーボードのウェアどんなものがよいのでしょうか?今回は、日本で人気の高いスノーボードウェアブランドなどを参考にしながら、オシャレで寒くないスノーボードウェアについてご紹介致します。

オシャレで寒くないスノーボードウェア

スノーボードとはなにか?

スノーボードとは、雪の上を滑るスポーツのことです。競技としてのスノーボードは、アルパイン、フリースタイル、スノーボードクロス(ボーダークロス)に分けられます。非対称で、横乗りのサイド・ウェイ・スタンス・スポーツです。

日本の雪上のアスリート

日本のスノーボード選手をご紹介します。男子は、平岡卓選手、青野令選手、平野歩夢選手、子出藤歩夢選手、角野友基選手。女子は、岡田良菜選手、竹内智香選手、藤森由香選手がいます。

若者からのスノーボード人気

ウインタースポーツといえば、スキーやスケートが代表格として存在していましたが、その中に、パッと飛び込んできたのがスノーボードブームでした。スノーボードは、若者を中心にして人気が広がり、今や世界で共通のウインタースポーツとして定着しました。

スノーボードのウェアブランド

スノーボード人気を支えているものの一つに、スノーボードウェアがあります。人気のスノーボードウェアをピックアップしてみます。Burton、Volcom、Rwe、RIDE、SESSIONS、QUIKSILVER、LIB TECK、AA(ダブルエー)、ESCAPE(エスケープ)、INHABITANT(インハビタント)、adidas、atmys、Blue blood、GUSH、FLAUNT、NEFF、X-min、686(シックスエイトシックス)、DC SHOP、ARG(エーアールジー)、JEWEL、ROXY、ESTIVO、NIKITAなど。

安全面に考慮したウェア

どんなスノーボードウェアにしたいか、色々とあると思います。その前に、まず、基本なのは手袋を必ずすることが大切です。そして、もし可能であれば転倒防止の帽子(ヘルメットなど)があるとなお良いでしょう。

機能性が高いインナーを

雪上のスポーツは、防寒が大切です。まず、インナーは、長袖Tシャツやスパッツなど肌に密着度の高いものを選ぶと大変温かいです。靴下も、冬用の厚手の靴下やタイツをはくといいでしょう。洋服は、ウール100%やカシミヤニット、フリース素材のものが温かいです。

自分流コーディネート

次は自分流コーディネートを楽しみましょう。好きなカラーを決めたり、柄や模様、素材など・・・。ウェアだけでなくて、グローブや耳あて、帽子などに凝るのもいいかもしれません。

外見も素敵で温かい服装!

雪上のアスリートたちの服装を参考にしながら、スノーボードウェアについてご紹介いたしました。もし、好きなアスリートがいれば、参考にして頂きつつ、安全面や防寒にも十分考慮した服装でウインタースポーツのスノーボードを楽しんでください。

スノーボードカテゴリ

おすすめカテゴリ

おすすめサービス

調整さんをフォローする