日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

剣道八段の試合はスピード感が違う

剣道八段同士の試合は、一瞬の油断も許されません。試合開始と同時に緊張感の連続です。どちらが先に仕掛けるかの間合いの取り方にしても、お互いが牽制しあって様子を伺いながら、一瞬の隙を見つけるのがさすが剣道八段という腕前です。

剣道八段の試合はスピード感が違う

剣道八段になる為には

剣道八段になる前には、順序を追って先に7段に合格しておく必要があります。また7段の期間も定められています。その期間は、7段を合格してから6年が必要となっています。初段から実に31年以上にならないと8段資格を所有する位置に立てないという非常に難しい状況となっています。

剣道八段審査は、超難関!

剣道八段の審査は、例年合格率が1%程度の超難関です。八段にチャレンジ出来るのは、7段所有者の中でも6年を経過しているいわばベテランばかりです。そんな上級者であっても、八段に合格することが難しくなっています。毎年合格する確率が低いというのが、こういった年月を見ても気づきますね。

剣道八段の最年少記録とは

八段審査の難関を最年少で合格した方の年齢は、46歳です。初段から30年以上が必要になってくるために、この年令でも最年少になるのです。ですから、この記録を目標にするのであれば、小学生では既に段を持っていないと、この記録に追いつくことも厳しくなってきます。昇段試験などは、どんどんチャレンジしていきましょう。

八段審査の気になる内容とは

八段審査だけに限らず、段の審査になっているのは、竹刀の振るい方や立ち方など、剣道の強さというよりは、剣道のきちんとした形がどれだけ綺麗に、美しく見せることが出来るかというような審査となっています。空手などにもあるように、しっかりと形が出来ないと昇段試験には合格出来ないのです。

最高段位となっている八段

もともと、剣道には九段、十段が存在していました。しかし、両方とも2000年の審査会にて廃止となっています。その為、八段が現在剣道では最高段位となっています。八段という称号を手にした時、次は剣道の範士を目指して修行していきましょう。

想像以上に険しい審査基準

剣道昇段時の審査基準は厳しくなっています。一つ段を昇格しても、次の段に上がる為には、更に数年感その段位の状態で修行を積まなければなりません。すぐに次の段位を受けることが出来ないというのが険しい道のりであると言えます。

範士になる為の条件とは!

範士になるためには、最高段位の八段に昇段した後、8年間以上の期間を修行に当てなければなりません。八段を取得した後からの8年という月日は非常に長く感じることでしょう。しかし、剣道の本質を極めたいという方は、チャレンジしてみることもお勧めします。

剣道を続けていれば上達していく

剣道は基本的に大人になっても続けている方は、小学生のころから剣道に明け暮れた日々を送っていたことでしょう。剣道を続けていれば、仲間とも会えるので大人になってきても剣道を続けていきましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます