日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

カラオケの採点で「しゃくり」を出す方法

カラオケの採点で「しゃくり」を出す方法

みなさん、カラオケはよく行かれますか?

最近では、老若男女問わず、カラオケが人気ですよね。最近では「おひとり様カラオケ」が出来る場所もあり、以前はカラオケと言えば騒いで盛り上がるところというイメージもありましたが、おひとり様でゆっくりカラオケを楽しみたいという方も増えてきているようです。

そんな、おひとり様カラオケを利用している方の中のほとんどが「歌が上手くなりたい」という理由でおひとり様カラオケを利用しているようです。

まぁ、私もその中の一人なんですけどね。大勢の中で歌うのは正直恥ずかしくて。

そうそう、カラオケDAMの機械の中にはカラオケ採点機能なるものがありまして、その中に数個加点のポイントになる歌い方があるようなのです。

その加点ポイントとなる中でも今回は、「しゃくり」についてお話ししていきたいと思います!

しゃくりとは?

カラオケDAMさんによるとしゃくりとは本来の音の高さよりも低い音を出してから本来の音の高さに合わせていくことなのだそうです。

言葉で説明されると難しいですよね。

でも、このしゃくり、実は意識してなくても結構みなさん出来ていることなんですよね。

これがカラオケ採点機能で高得点を取る秘訣でもあります。

しゃくりを使った歌い方、どんな歌い方?

例を出してみましょう。しゃくりを使った歌い方を多くしている方はビーズの稲葉浩志さんでしょうか。

例えば、「ウルトラソウル」という歌をご存知でしょうか?

サビの部分で「ゆめじゃない あれやこれも」という歌詞が出てきます。

この歌い始めの「ゆ」に注目してみてください!

「ゆぅ~め~じゃない」と歌っていますよね。

この「ゆぅ」が「ゆ⤵ぅ⤴」となっています。これがすでにしゃくりなのです。

この歌い方!しゃくりを使えばカラオケ採点機能で高得点も夢じゃない!?

しゃくりが上手になるには?

始めにしゃくりは意識的にみなさんしていることもある、と述べました。

そうなんです。それを意識するかしないかの違いでしゃくりは使いこなせる!

まず、鵜値始めに本来の音より低めに出してしまったら本来ある音程まで音を合わせにいくでしょう?

それこそがしゃくりなのですから、そこを意識していくことでvカラオケで高得点が狙える!というわけなのです。

なので始めは採点を恐れずに歌いだしの言葉ははっきり出していこう!というのがしゃくりのコツですよ。

まとめ

しゃくりは本来そこまでコツはいらないのですから、カラオケを楽しんでいる中で少しづつ「これがしゃくりだな」と意識していことでしゃくりを何度も意識的にすることができます。

しかし、なんども同じ曲の中でしゃくりを繰り返しますと聞いている方は「ちょっぴりウザイ」なんて感じてしまうかも。

適度に繰り返して使うことをおススメしますよ。

カラオケカテゴリ

おすすめカテゴリ

おすすめサービス

調整さんをフォローする